保険業界におけるCMS比較:DrupalとWordPress

保険業界は、ほぼすべての側面で前例のない変化を遂げています。スタートアップ企業による破壊的イノベーション、進化する顧客の要求、急成長するデータの可用性などの要素が組み合わさって、長年の現状を覆しています。プロバイダーの切り替えに対する障壁はこれまでになく低くなっていることが更に混乱を増長させています。見積もりはすぐに入手でき、購入プロセスは合理化され、新しい業界への参入者は消費者に懐疑的に見られません。保険会社は、顧客や見込み客向けのデジタルエクスペリエンスを構築する際に、競合他社よりも秀でている必要があります。この記事では、パートナーであるMediacurrent(メディアカレント社)がDrupalとWordPressの比較情報を提供して、業界のニーズに対応したいと思います。

保険業界がオープンソースソフトウェアを選ぶ理由 

昨今、保険会社は、業界の一般的なテクノロジー導入のペースが遅いことと野心的なビジネス目標を両立させるために、困難に直面しています。インシュアテックのスタートアップの急速なイノベーションの中で、伝統的な保険会社は、デジタル変革に投資することでペースを前進させることを突き付けられています。

技術が進歩するインシュアテック市場と、従来の保険組織に結び付けられた機敏性に乏しいシステムとの間のギャップを埋める競争が続いています。コンテンツ管理システム(CMS)などのオープンソースソフトウェアテクノロジーを採用すれば、即時の成長と長期的な継続を実現するためのプラットフォームを利用することができます。オープンソースCMSを採用するかどうかを検討している保険業界のリーダー企業の場合、選択はDrupalとWordPressの2つに絞り込まれます。 

DrupalとWordPress:CMS選択へのチームアプローチ 

適切なCMSを選択することで競争力を高めることができますが、それは簡単に決定できることではありません。保険業界のマーケティング担当者、ビジネスリーダー、および開発者は、CMS選択プロセスの最前線に立っています。グループとして、彼らは、顧客エンゲージメントを改善し、関係を構築することを目的とした新しいビジネスモデルと新しいテクノロジーが、現代の保険市場で成功するための鍵であることを理解しています。ただし、各チームの視点には、CMSの選択プロセスを判断するためのそれぞれの判断軸があります。 

この記事では、これら3つの利害関係者の視点から、DrupalとWordPressのメリットとデメリットを探ります。

ビジネスリーダー向けのDrupalとWordPress:スケーラビリティ(拡張性)とシンプルさ(簡易性)  

保険企業における経営層、マネジメント層は、大きな潜在的変化の舵取りをしています。これらの意思決定者は、コストを管理することの重要性を知っています。彼らは、CMSテクノロジー購入の投資収益率を証明する必要があります。将来に目を向けると、これらの保険業界のリーダーは、事業規模の計画を立てると同時に、人工知能(AI)を搭載した 仮想エージェントなどの技術的進歩に対応することが求められています。

ビジョンと価値

DrupalやWordPressなどのオープンソースソフトウェアプラットフォームの主な利点の1つは、ライセンス料が不要であることです。この費用を回避すると、企業レベルで機能するために必要な実装およびホスティングコストを含む総所有コストを削減できます。クラウドコンピューティングテクノロジーを活用することで、開発、展開、およびメンテナンスに関連するITコストをさらに最小化できます。

オープンソースソフトウェアに適用される場合、「無料」という用語は、全体的なコストとはあまり関係がなく、専有ソフトウェアの制限から解放されます。ロックされたソースコード、遅いリリースサイクル、独自のソリューションに固有の限られた統合により、保険会社の変更プロセスが遅くなる可能性がありますが、オープンソースソフトウェアは革新への無限の扉を開きます。

保険ビジネスのリーダーは、市場がどこに向かっているのかというビジョンを持っています。そのビジョンは、価値を評価するため下記のような質問とともに、CMS投資決定への重要な前提条件の一つとなっています。

  • デジタルの存在意義とそれが提示する顧客体験にはどのような価値があるか。

  • パーソナライズの重要性をどのように考えているか。

  • CMSが現在のデジタルテクノロジーに対応しているかどうか。

  • 今後、変化する市場の需要にどのように適応するか。

  • 人工知能、IoT、モバイルなどのデジタルテクノロジーの将来の進歩に対応するために、どのように拡張していくか。

スケーラビリティ(拡張性)とシンプルさ(簡易性) 

学習曲線の観点から、経験豊富な保険業界のリーダーは、「WordPressはシンプル」や「Drupalは複雑」などの一般的な一般化に注意を払っています。

Drupalの学習曲線はWordPressよりも長くなっています。これは主に、コアに組み込まれている利用可能なカスタマイズの量によるものです。保険業界のITリーダーは、より高度な機能を備えたモジュールが、Drupalの複雑さの評判の背後にあることに気付くでしょう。

単純化の可能性は魅力的ですが、永続的なスケーラビリティの分析とバランスを取る必要があります。たとえば、どのCMSが複数のサイトおよびアプリケーションを管理および管理するために最速で拡張できますか?WordPressは、特にブログや小規模なサイトでは簡単に使用できますが、必ずしもスケーラブルではなく、大規模で複雑なサイトには適していません。逆に、Drupalはカスタム要件のあるエンタープライズレベルのサイトに最適であり、小規模なサイトやブログに選択した場合、不必要な開発オーバーヘッドが追加される可能性があります。

マーケティング担当者向けのDrupalとWordPress:デジタルカスタマーエクスペリエンスの再定義

多くの役割を担うマーケティングチームは、主にデジタル戦略に焦点を当てて保有するデジタル資産を管理する責任があります。

保険のマーケティング担当者を夜にまで悩ませているもの。それは気まぐれな保険の買い物客との忠誠心を構築する道のりです。CMSプラットフォームの選択に関しては、マーケティンググループの必須項目には、パーソナライズのサポート、バックグラウンドでのシームレスなオーサリングエクスペリエンス、およびマーテックスタック内の他のシステムと接続するための柔軟性が含まれます。

カスタマーエクスペリエンスでロイヤルティを構築

保険マーケターは、パーソナライズされた顧客体験とカスタマイズされたソリューションを提供することにより、顧客ロイヤルティの構築に重点を置いています。

Drupalが保険を目的としたデジタル戦略の基盤となるため、パーソナライズされたWebエクスペリエンスを作成するためのオプションは無限です。Drupalのアーキテクチャは、セグメント化されたコンテンツを作成および配信するための理想的なプラットフォームです。

WordPressには、保険の顧客エンゲージメント、モビリティ、およびマルチチャネルプラットフォームのための重要なエンタープライズ機能がありません。WordPressではパーソナライズが可能ですが、サードパーティのソリューションを入手してから統合する必要があります。一方、Acquia Lift(アクイアリフト)のようなDrupal 8ソリューションは、パーソナライズへのより簡単なパスを提供します。 

デジタル時代の保険業界で顧客ロイヤルティを促進するための詳細な洞察については、 保険業界での顧客体験の実現 をご参照ください。

使いやすさ 

日々のウェブサイトのメンテナンスにより、マーケティングチームはコンテンツをオーサリングするための最も直感的なインターフェイスを求めています。開発者のサポートなしで、可能な限り、新しいクロスチャネルコンテンツを迅速かつ簡単に公開できるかどうかが成功の鍵です。 

ブログおよびランディングページツールとして、マーケティング担当者はWordPressの特徴の一つに「使いやすさ」を主張しています。 Drupalのシンプルなユーザーインターフェースも、すぐに使える簡単なものではありますが、マーケティング担当者はこれまでより多くのものを求めていました。

Drupal 8の最新リリースでは、レイアウトビルダーは強力なビジュアルツールであり、ドラッグアンドドロップの柔軟性により、コンテンツ作成者が1回限りしか使わないページでも、より簡単に作成できるようになりました。また、レイアウトテンプレートやワークフローなどより高度な利用シーンもサポートしています。すべてWebのアクセシビリティに注意を払っています。

Layout Builder demo

レイアウトビルダーのデモ

 

保険会社のマーケティングテクノロジースタック内のすべてのツールの柔軟な統合と、業界をリードするキャッシングテクノロジーによるSEOの強みにより、Drupalはこのカテゴリでもコンテンツマーケティングの優位性を得ることができます。Drupalは、複雑でカスタマイズされた編集ワークフローのサポートも誇っています。

メディアカレント社のebookDrupal 8のマーケティングガイドでは、デジタル保険会社がマーケティングチーム、プロセス、テクノロジーを調整するための追加の洞察を提供しています。

開発者向けのDrupalとWordPress:データ、セキュリティ、エクスペリエンスの管理

開発チームは、Webおよびその他のさまざまなエクスペリエンスの構築とサポートに日々取り組んでいます。時代遅れのテクノロジーと複雑なデータ要件は、繰り返し発生する問題点です。 

CMSの決定における主要な技術的利害関係者として、彼らは安全で保守可能なプラットフォームを見つけることに最も関心を持っています。柔軟性は、ビジネスリーダーやマーケティングチームが想定している戦略的目標に合わせるためのもう1つの重要な基準です。

データセキュリティ

IT保険の専門家は、個人および財務の機密データを保護し、EUのGDPR(一般データ保護規則)および業界に影響を与える他のプロトコルに遅れを取らないという非常に複雑な課題に直面しています。 2017年のEquifaxサイバー攻撃によって信頼を揺るがし、さらに複雑さを増しています。 

すべてのソフトウェアにはセキュリティの脆弱性があります。重要なのは、これらの脆弱性を緩和して修正するプロセスです。セキュリティ問題の報告および解決に関するプロセスが定義されたアクティブなオープンソースプロジェクトは、コミュニティに自信と透明性を提供します。ソースコードに多くの「目」があることで、より多くの問題を発見して解決することができます。 Drupalセキュリティチームは、Drupalプロジェクトのセキュリティを維持するための成熟したプロセスを備えたオープンソースプロジェクトの例です。 

DrupalとWordPressのセキュリティを評価する場合、考慮すべき1つのポイントは、WordPressのコアを超えて、開発者がプレイ中のすべてのプラグインのセキュリティを管理する必要があることです。

経験管理

WordPressとDrupalの両方がレゴのような設定可能性を売り込んでいます。これは、顧客の需要に応じたカスタムソリューションとエクスペリエンスを構築するために不可欠な品質です。開発者は、究極の柔軟性を得るために、CMSが現代の分離されたアーキテクチャの基盤として機能する可能性を評価できます。このアプローチは、保険会社の野心的な目標を達成するためのさまざまな潜在的なプログラミング言語と設計哲学への扉を開きます。このアプローチは、保険会社の野心的な目標を達成するためのさまざまな潜在的なプログラミング言語と設計哲学への扉を開きます。 

APIファーストのDrupal 8を使用してフロントエンドを分離することにより、Drupalは分離された配信のための洗練された代替フレームワークを提供します。JAMstackや静的サイトジェネレーターなどの新しいテクノロジーは、デカップルドアーキテクチャのオプションの配列を生み出しています。この柔軟性への焦点は、DrupalをWordPressのような競合他社よりもワンランク上に配置し、分離配信でSitecoreやAdobeを上回ることです。

まとめ

WordPressは、堅牢なプラグインライブラリ、比較的低いコスト、全体的な使いやすさにもかかわらず、企業レベルの保険組織の要件を満たしていません。経験管理を提供する多面的な能力により、Drupalは明確な勝者として輝いています。

最終的に、各CMSには、保険組織の固有の要件に照らして、独自の潜在的な利点と欠点があります。 顧客中心の目標を達成するために、保険の意思決定の利害関係者は、 MagMutualとの最近のインタビューのレビューを含め、業界の思考リーダーがDrupalをどのように活用しているかを調査することを望んでいます。

メディアカレント社とAcquia(アクイア)がどのように役立つか

メディアカレントとアクイアは協力して、Drupalとクラス最高の戦略、設計、開発サービスを活用することで、パーソナライズされた顧客体験を提供するスケーラブルなデジタルプラットフォームを構築します。当社のソリューションは、組織とその顧客のニーズに合わせて成長するように開発されています。現在、保険業界が直面している摩擦と障害に焦点を当てているため、お客様は可能な限り最高の顧客体験を作成することに集中できます。 

Mediacurrent

Mediacurrent

パートナー Acquia

Mediacurrent: Open source strategy, design, and development that grows your digital ROI.

Mediacurrent is an Atlanta-based Drupal development and digital marketing agency that believes in collaboration, education, and providing predictable results for your project. Brands such as The Weather Channel, PwC, Butler University, Georgia Tech, Olympus, Habitat for Humanity, Guardian Insurance, and the NBA have trusted us to solve their most complex development and digital challenges.

Our service offerings include Drupal development, migrations, training and support, strategy, and design.