アクイアが新製品「Open DXP」をリリース

データとコンテンツを統合するMarketing CloudとDrupal Cloudで、マルチエクスペリエンスの構築、パーソナライズ、オーケストレーションのための強力なソリューションを提供

デジタルエクスペリエンスを提供するアクイア(本社:米国ボストン、CEO:マイク・サリバン、以下アクイア)は、新しいAcquia Open Digital Experience Platform(DXP)の提供開始を発表しました。Acquia Open DXPは、データとコンテンツの価値を最大化させる統合ソリューションであるAcquia Marketing CloudとAcquia Drupal Cloudを搭載しており、組織は新しいデジタル体験を迅速に作成することができます。マーケティング担当者や開発者は、デジタルサイネージやチャット、音声など、あらゆる顧客のインタラクションを網羅するマルチエクスペリエンスのカスタマージャーニーを構築、パーソナライズ、オーケストレーションするための使いやすい単一のプラットフォームを手に入れることができるようになります。

「Acquia Open DXPは、AgilOne(アジャイルワン)、Mautic(マウティック)、Cohesion(コヒージョン)を含む、今までに買収した技術を当社のポートフォリオに統合し、デジタルトランスフォーメーションを推進するための最も強力なプラットフォームを構築しています。」アクイアのCEOであるマイク・サリバン(Mike Sullivan)は述べています。
「当社のオープンなアプローチにより、顧客は成長に合わせて新しい機能やコンポーネントを追加したり、成熟度に応じて完全なデジタル・エクスペリエンス・プラットフォームに早送りしたりすることが容易になります。Acquia Open DXPは、あらゆる規模のパーソナライズされたカスタマージャーニーを拡張してサポートするように構築されています。」

ニュースレターを購読

業界のトレンドや製品の最新情報をお届けします。

アクイアのOpen DXPは、デジタル体験を構築、設計、実行するためのプラットフォーム(Drupal Cloud)と、顧客のカスタマージャーニーを作成、パーソナライズ、強化するためのエンドツーエンドのデータドリブンなマーケティングプラットフォーム(Marketing Cloud)をシームレスに統合しています。Drupal Cloudは、新しいローコードのマーケターエクスペリエンスと、Webサイトやアプリケーションを構築、拡張、安全性を確保するための新しい開発者ツールを特徴としています。新たに内蔵されたカスタマーデータプラットフォーム(CDP)により、Marketing Cloudは、リアルタイムのデータ統合、機械学習主導のインサイト、そしてグローバル規模で個別化された顧客体験を提供するためのマーケティングサポートにより、顧客の360度ビューを提供します。

「デジタル体験市場は成長を続けており、それに伴って高品質なデジタル体験を創造、管理、提供する必要性は依然として必要不可欠です。COVID-19の影響は、その需要を今後さらに高めることになるでしょう」とIDCのジェイコブ・グロシェック(Jacob Groshek)氏は述べています。「アクイアの新しいOpen DXPの発表は、開発者とマーケターが協力して組織全体でアジャイルなデジタルトランスフォーメーションを推進できるようにすることを目的としています。アクイアの新しいOpen DXPは、市場のニーズにタイムリーかつ包括的に対応しています。」

Marketing Cloudは、買収したすべての技術と既存の技術を、迅速に展開できる使いやすいオープンな単一のプラットフォームに統合しました。特徴は以下の通りです。

  • Customer Data Platform (旧 AgilOne): CDPは、バックエンドとフロントエンドのシステム間でデータを統合することで、それぞれの固有の顧客を360度見渡すことができます。オープンでカスタマイズ可能な機械学習モデルにより、マーケティング担当者は、分析された顧客行動や製品との親和性に基づいて新しい顧客セグメントへの洞察を得ることができ、予測機能を活用してエンゲージメントとコンバージョンの可能性を理解し、次の最適なオファーと次の最適なアクションを提供することができます。
  • Personalization (旧 Acquia Lift): Personalizationは、CDPデータを使用して、カスタマージャーニーのすべてのタッチポイントで最適なオファーを提供するために、ターゲットを絞ったキャンペーンを強力に後押しします。
  • Campaign Studio (旧 Mautic): Campaign Studioは、CDPデータを使用して、組織内の従来のチャネルのサイロを失くし、カスタマージャーニー全体で最適なアクションをオーケストレーションすることができます。マーケティング担当者は、Eメールを含むすべてのデジタルプロパティでオーディエンスを簡単にエンゲージメントすることができます。
  • Campaign Factory (旧 Maestro): CMOにとって、Campaign Factoryは、ブランド、地域、およびローカルのマーケティングチームにまたがるグローバルなキャンペーン管理の拡大を支援し、デジタルマーケティング業務のガバナンスを提供します。

Drupal Cloudは、デジタルエクスペリエンスの安全性と拡張性を確保するためのプラットフォーム拡張機能を追加し、マーケターと開発者に新しいエクスペリエンスを導入します。これにより、マーケティングチームとITチームの間でこれまでにないコラボレーションが可能になります。

  • Site Studio (旧 Cohesion): マーケターにとって、新しいSite Studioは、開発者なしでさまざまなデバイスやインタラクションタイプに対応したウェブサイトを作成・設計できるローコードのエクスペリエンスを導入しています。Site Studioは、マーケティング担当者がエクスペリエンスデザインのすべての側面を細かくコントロールできる唯一のソリューションであり、従来のITの遅延や、継続的なサイトの強化と最適化のためのボトルネックを排除することができます。
  • Developer Studio: 開発者のための新しいDeveloper Studioは、Webブラウザを使用するだけで世界中のどこからでも新しいDrupalサイトやアプリケーションを構築、ステージング、デプロイできるようにするためのCloud IDEを導入しています。Acquia Cloud IDEには、Drupal開発者が必要とするすべてのツールと統合が含まれています。
  • CMS Migrate: CMS Migrateには、古いバージョンのDrupalやレガシーCMSからDrupal 9への移行を加速させるためのツールが新たに追加されています。
  • Site Factory: Drupal 9をサポートするために新たにアップデートされたSite Factoryは、サイトとアプリケーションを一元管理、デプロイ、スケーリングし、複数のブランド、地域、チームにまたがるグローバルなガバナンスを提供します。
  • Edge CDN: 200以上のPoP(Point-of-Presence)からなるグローバルネットワークであるEdge CDNは、可用性とパフォーマンスを継続的に最適化することで、信頼性の高いデジタル体験の配信を提供し、オンラインでの顧客エンゲージメントの増加に伴うトラフィックのボラティリティの増加に伴うリスクを軽減します。
  • Edge Security: 新しいsecurity-as-a-serviceのソリューションであるEdge Securityは、データに基づいた洞察力を活用して、すべてのサイトや体験を悪意のある攻撃から動的に更新して保護することで、壊滅的なセキュリティ脅威をリアルタイムで軽減し、ブランドの信頼を確保します。
  • Cloud Platform: Cloud Platformは、信頼性の高いクラウドネイティブのDrupalエクスペリエンスのためのクラス最高のインフラストラクチャを提供し、開発者はデジタルエクスペリエンスを大規模にホストして管理することができます。あらゆるDrupalサイトやアプリケーションのパフォーマンス、可用性、セキュリティを最大化するための強化されたサポートが含まれています。

 

アクイアについて

アクイアはオープンなデジタル体験プラットフォームであり、組織がウェブサイトやデジタルアプリケーションを通じて、大規模な規模で顧客とのコミュニケーションを構築、ホスト、分析、コミュニケーションを行うことを可能にします。信頼されるオープンソースのリーダーとして、アダプティブインテリジェンスを使用して、CXリーダーのためのより良いビジネス成果を生み出しています。