企業のデジタルCXをアップグレードするためには

マーケティング・イノベーターのための新しい洞察

この調査では、

CXとプライバシーに関するマーケティングと消費者の期待の変化を探ります。

グローバルレポートをダウンロードする

私たちは、バンソンボーン社と共同で、8カ国で8,000名の消費者と800名のマーケティング担当者を調査対象として、CXとプライバシーに関するマーケティング担当者と消費者の期待の変化、およびブランドがテクノロジーを活用して有意義な顧客体験を提供する方法を探るために、レポートという形で皆様に無料で提供します。

グローバル版のレポートをダウンロード

パーソナライズはどのように顧客行動を促進するか

マーケティング担当者は、データ駆動型のアプローチで消費者行動の変化に対応しています。

  •  

    94%

    過去18ヶ月の間にデジタルCX戦略を変更し、特にCOVID-19の流行に対応しました。

  •  

    93%

    ファーストパーティデータの収集は、2年前よりも組織にとって重要であると回答しています。

  •  

    33%

    魅力的なデジタル体験を生み出すために消費者嗜好に関する十分なデータを収集する能力が、過去18ヶ月間で特に重要であったと回答しています。

パーソナライズされた体験がもたらす影響

マーケティング担当者はパーソナライズを強化することで、次のような改善をもたらしたと述べています。

MarTechの果たす役割

96%

グローバル回答者の96%が、2021年に組織のマーケティングツールのROIが改善されたと回答しています。

73%

革新的でクリエイティブなデジタル体験の創造と提供をテクノロジーによって妨げられていると回答しています。

 

ブランドと消費者の信頼ギャップ

83%

調査対象となったグローバルマーケターの83%が、組織の個人データ利用について、2020年よりも2021年の方が顧客からの信頼度が高いと考えています。

40%

一方で、消費者の40%は、すべてのブランドが個人データを適切に処理することをまだ信頼していません。

 

グローバルCXレポートを無料でダウンロードできます