Report

アクイア CXトレンドレポート2021:最新のデジタルCXの実現 日本市場版

何がカバーされていますか?

What's Covered
  • マーケティングおよびカスタマーエクスペリエンス(CX)テクノロジーの導入に関する日本企業の最新動向 
  • コロナ禍における消費者行動の変化とプライバシー保護の意識・規制変化の中で、日本企業がどのようにCX戦略を転換しているか
  • 顧客のファーストパーティデータを活用することでマーケティング担当者が消費者との信頼関係のギャップをどのように埋めることができるか
Additional Info
Page Content

企業のデジタルCXをアップグレードするためには?

COVID-19が社会や地域経済に与える長期的な影響については、誰も完全には理解していません。しかし、ブランドに与える影響は日に日に明らかになってきています。企業は一人一人のお客様とのエンゲージメントを創造し、維持することに注力する必要があります。

2021年版 アクイア CXトレンドレポート:最新のデジタルCXの実現」では、バンソンボーン社と共同でオーストラリア、ブラジル、フランス、ドイツ、日本、シンガポール、英国、米国の8,000人の消費者と800人のマーケティング担当者の意見を収集しました。日本市場における調査からは以下のような洞察が得られました。

日本のマーケティング担当者は、COVID-19による消費者行動変化へ迅速に対応

  • 回答した96%のマーケターが、消費者行動の変化に対応するためにデジタルCX戦略を変更したと回答
  • 回答した95%のマーケターが、ファーストパーティデータの収集が2年前よりも重要になったと回答
  • 回答した32%マーケターが、魅力的なデジタル体験を生み出すために、消費者の嗜好に関するデータを収集できるかどうかが特に重要になったと回答

消費者の行動は危機的状況の中で変化しており、パンデミック以前の規範には戻らないかもしれません。この調査では、CXとプライバシーに関するマーケティングと消費者の期待の変化を探ります。

日本市場に特化した最新のCXトレンドレポートをダウンロードして、マーケティング担当者がビジネスに影響を与えるような基本的な方法でCXを変革する方法をご覧ください。

 

Download the report