Blog

米ガートナー社発表、2021年版 Magic Quadrant for DXP にてアクイアが「リーダー」に選出

米Gartner(ガートナー)社が発行する、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)のマジック・クアドラントで、アクイアがリーダーに指名されました。 アクイアが掲げるOpen DXPの全貌をご覧ください。

本日、Acquiaは2年連続でガートナー社のMagic Quadrant for Digital Experience Platforms (DXPs)のリーダーに選ばれました。 2020年のレポートでの位置と比較して今年(2021年)は、Leaders Quadrantの中で、「実行能力」と「ビジョンの完成度」の軸で、それぞれ上位にシフトしました。  

Acquia社の受賞は、まさにマーケット全体で急速なデジタル変革が起こり、デジタルエクスペリエンスの新しいモデルが幕を開けた最中に行われました。 この1年は、すべての業界が顧客体験に対する理解を根本的に変えた年でした。 デジタルファーストのビジネスモデルへの大転換は、強制的に企業のDXを加速させました。コンテンツとデータを解放し、顧客のライフサイクル全体にわたってすべてのデジタル、デジタル支援の相互作用を最適化するオープンプラットフォームが必要です。これはアクイアが当初から信じていた真実を見出すことができたと考えています。

10年以上にわたり、従来のDXベンダーは、体験をトータルコーディネートするのではなく、チャネル別のテクノロジーソリューションの構築に注力するという過ちを犯してきました。 パンデミックが発生したのはその後です。 お客様や従業員の行動が突然変化したにもかかわらず、これらの異なるシステムはサイロ化しており、適応する準備ができていませんでした。 アクイアのOpen DXPは、顧客と従業員のライフサイクル全体を統合するために設計された唯一のソリューションであると考えています。

アクイアのパワーとユニークな利点は、相互運用可能なアーキテクチャと、Drupalを支える広大なオープンソース・コミュニティのルーツにあります。 Drupalのオープンソースコミュニティは、世界で最も野心的なデジタル体験を共同で行うことで、継続的なイノベーションを推進しています。 アクイアのオープン哲学は、私たちのルーツであるオープンソースと、クラウドネイティブなプラットフォームへの信念から生まれました。 当社のオープンDXPは、ブランドがあらゆるサードパーティのテクノロジーと接続し、デジタルエコシステム全体で相互運用性を実現することを可能にします。 当社のビジョンが成熟するにつれ、アクイアはこの強みと柔軟性を活用し、一連の戦略的買収と統合を通じてDXPのお客様に提供する価値を高めてきました。   

アクイアはわずか2年の間に、ローコードサイト構築、オープンマーケティングオートメーション(MA)、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)など、DXPの機能を拡張しました。 これらのソリューションをDrupal CloudとMarketing Cloudの一部として統合することで、コンテンツとデータの統一された基盤を構築しました。これにより、ブランドはお客様を一人一人の人間として知ることができるようになり、従業員は単一のタッチポイントを超えて共鳴する意味のある体験を構築し、提供することができるようになりました。

DXPはCIO、CMO、CISOを統合し、従業員と顧客に信頼できる回復力のある体験を提供するためのパートナーシップを築くことに重点を置かなければならないと考えています。 世界がデジタル化されるにつれ、デジタル的な危険性も増しています。 そのため、DXPは設計上、安全でなければなりません。 アクイアのDXPは、セキュリティをすべてのオペレーションの中核に据えています。つまり、企業のビジョンがより多くのアプリケーションやチャネルに拡大しても、将来のリスクから守られていることが保証されるのです。 このようなセキュリティへの積極的なアプローチにより、ブランドはよりスマートに、より速く、新しい体験を展開することができます。 

Marketing Cloudの中心となる顧客データプラットフォームにより、ブランドは顧客データのすべてのソースを接続し、統一された顧客プロファイルを作成することができます。 機械学習とリアルタイムインサイトの実用化により、従業員は最大のインパクトを持つメッセージに集中し、オーディエンスにとって次の最高の体験を予測することができます。   

DXPの市場が成熟するにつれ、モノリシックシステムやMartechのサイロが時代遅れになってきているのは明らかです。 適応性と拡張性に優れたオープンなDXPへの需要は今後も増加すると考えています。 ガートナーの2021年マジック・クアドラントのDXP部門でリーダーに選ばれた勢いで、アクイアは将来のあらゆるお客様の期待に応える準備をしています。  

アクイアがこのレポートのリーダーである理由は、Magic Quadrant for Digital Experience Platforms 2021年版レポートをダウンロードすることで確認できます。

---
ガートナー免責事項
Gartner, Magic Quadrant for Digital Experience Platforms, Irina Guseva | Mick MacComascaigh | Mike Lowndes, 27 January 2021

ガートナーは、その調査出版物に記載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではなく、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するようテクノロジーユーザーに助言するものでもありません。 ガートナーの研究出版物は、ガートナーの研究組織の意見で構成されており、事実を述べたものとして解釈されるべきではありません。 ガートナーは、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、この調査に関する明示または黙示を問わず、すべての保証を否認します。

Featured Resources

View More Resources