White Paper

小売業における顧客データプラットフォームの活用事例

Additional Info
Page Content

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)は、今日の小売業界における競争戦略上必要なものとなっています。 消費者が小売企業に求める、魅力的でタイミングの良い適切な体験の提供に対する期待は急上昇していますが、一方でマーケティングツール、チャネル、データの分断が深刻なため、小売業界のマーケターが消費者の期待に応えることは難しくなっています。

多くのマルチチャネルブランドは、この問題を解決するためにCDPを利用していますが、どのCDPユースケースが実際に針を動かすことができるかを理解するには、業界や企業の成熟度など、さまざまな要因があります。 

Customer Data Platform Instituteが発表したこのホワイトペーパーは、デジタル広告、アウトバウンドマーケティング、顧客エンゲージメント、顧客分析機能を活用した事例など、CDPを最も効果的に使用する方法について小売業が成功へのロードマップを構築するのに役立ちます。 このホワイトペーパーをダウンロードしてCDPの導入をご検討ください。

  • 統一された顧客データベースがどのようにして収益の増加をもたらすか
  • 広告ターゲティングや新規オーディエンスのプロスペクティブにCDPを使用する場合 
  • データベースをスマートにセグメント化して、異なる顧客群に対して適切なパーソナライゼーションを行う方法
  • CDPによる顧客への電話対応時間の短縮と解約率減少について

 

執筆者:Customer Data Platform Institute

Image
CDP Institute logo

今すぐ無料でダウンロード頂けます。