Color graphic representing computer networks

至高のヘッドレスCMSガイド

June 9, 2022 12 mins Read
Take an API-first approach to content management and personalize your omnichannel customer experience with a headless CMS.
Color graphic representing computer networks

ヘッドレスへの進化により、コンテンツ管理システム(CMS)は、この20年間で最も大きな変化のひとつを迎えています。 従来、コンテンツは1つのWebサイトに直結したCMSで制作・管理・保存されていました。 しかし、今日のデジタル体験には、一度に多くのチャネルに公開できる、より柔軟なCMSが必要です。 ヘッドレスCMSソリューションの市場が、2020年で3億2200万ドル、2027年では約5倍の16億ドルに拡大すると予測されているのはそのためです。

断言すると、ヘッドレスCMSはマーケティング・テクノロジー(MarTech)スタックと切り離されたものではありません。 ヘッドレスCMSは、オムニチャネルのカスタマージャーニーを構築するために使用するすべてのツールでコンテンツを公開し、パーソナライズすることを可能にする、バックエンドコンテンツリポジトリとして機能します。 また、ヘッドレスアーキテクチャにより、開発チームは絶えずイテレーションを回し、フロントエンドのWebサイトを改善することが可能になります。バックエンドがボトルネックになることも、コンテンツ制作者を苦しめることもありません。

このCMSテクノロジーの発展と、これほどまでに市場が賑わっている理由について、興味が湧いてきましたか? それではここから、ヘッドレスCMSのコア機能とそのメリット、デメリットについて探求してみましょう。

ヘッドレスCMSとは?

ヘッドレスCMSとは、APIエンドポイントを介して複数のチャネルやデバイスにコンテンツを提供できるコンテンツ管理システムです。 コンテンツをレンダリングするフロントエンドと、コンテンツを作成・管理・保存するバックエンドが切り離されたCMSです。

ヘッドレスCMSの仕組み

コンテンツ管理システムは、20年以上にわたってウェブ開発の基礎となってきました。 バックエンドでコンテンツを保存・管理し、フロントエンドでユーザー向けにコンテンツを表示するのが一般的です。 しかし、コンテンツを消費する方法が増えるにつれ、開発者は1つのCMSのバックエンドを使いながら、異なるフロントエンドのツールを使って様々なチャンネルにコンテンツをレンダリングする方法を模索するようになりました。 (ここで言う「チャネル」とは、仮想アシスタントやAR、タブレットやデジタルサイネージなど、コンテンツを配信するためのさまざまなテクノロジーやデバイスを指します。)そして、ヘッドレスコンテンツ管理システムが登場しました。

ヘッドレスコンテンツ管理システムでは、コンテンツをレンダリングするフロントエンドと、コンテンツを保存・管理するバックエンドが切り離されています。 システムのバックエンドはコンテンツを整理・管理し、開発者が選択した特定のチャネルでコンテンツを表示するためのフロントエンドシステムやテクノロジーに公開します。 これにより、開発者はより柔軟にイノベーションを起こすことができ、最適なユーザー体験を提供するために最も効果的なツールを使用することが可能になります。

一部の企業では、ヘッドレスCMSを利用して複数のWebサイトインスタンス、製品リスト、ネイティブモバイルアプリに同じコンテンツを配信しています。 このユースケースに関わらず、ヘッドレスCMSには多くの利点があります。 

ヘッドレスCMSと従来型CMSの違い

従来のCMSは、コンテンツチームがバックエンドからコンテンツの作成、管理、公開を行うことができます。 また、あらかじめ構造化されたウェブページのテンプレートで構成される、統一されたフロントエンドに公開することも可能です。 このようなアーキテクチャは、複数のWebサイト、製品フィード、マーケティングチャネルにコンテンツを公開することをより複雑にしてしまう可能性があります。 また、APIでコンテンツにアクセスできなければ、多くのチャネルで利用することも難しくなります。

同時に、従来のCMSは、一般的に開発者に焦点を当てているヘッドレスCMSよりも、ユーザーフレンドリーであることが多いです。 従来のCMSは、CMS管理者がローコードツールを使ってWebサイトの外観を制御することも可能です。 さらに、CMSによっては巨大なコミュニティがあり、そこで助けを求めることができます。

ヘッドレスCMSは、フロントエンドとバックエンドを効果的に切り離すことができます。 バックエンドでコンテンツを作成、管理、保存し、そのコンテンツを他のシステムで表示します。 この場合、CMSはデータの作成と管理のみを行い、表示は全く別のシステムに任せることになります。 ヘッドレスCMSソリューションは、基本的にAPIファーストのアプローチが採用されており、柔軟性と再利用性を高めています。 ヘッドレスCMSを活用することで、タッチポイント全体にわたってエンドユーザーの体験をより良いものにすることができます。

プレゼンテーションがバックエンドから切り離されているため、新しいチャネルや統合、パーソナライゼーションなどの戦略に投資する際に、コンテンツ制作者のワークフローが遅くなることを心配する必要はありません。 従来のCMSシステムでは、チャネルごとに新たなバックエンドが必要になる場合があります。

ヘッドレスCMSは、単にWebサイトにコンテンツを公開するだけでなく、以下のような様々なメディアへの公開が可能です。

  • スマートフォン、タブレット、スマートウォッチ
  • IoTデバイス、アプリ
  • デジタルサイネージ
  • 会話型ユーザーインターフェースを持つパーソナルアシスタント(Alexa、Siri、Cortanaなど)
  • 特定デバイスのネイティブアプリ
  • 拡張現実(AR)、仮想現実(VR)のプラットフォーム
  • CRMシステム、チャットプラットフォーム

ヘッドレスコンテンツ管理の長所と短所

ヘッドレスCMSを利用するメリットはたくさんありますが、ここではその中でも特に重要なものをご紹介します。

  • 維持するコンテンツリポジトリが1つに集約される。 ヘッドレスCMSでは、すべてのコンテンツを一箇所で管理できるため、バージョン管理、ブランド管理、コンテンツ整理が容易になります。
     
  • 変更に対して合理化される。 ヘッドレスコンテンツ管理システムは、バックエンドの設計に引っ張られることなく、フロントエンドのみを変更すればよいので、ウェブサイトの再設計がより柔軟になります。
     
  • デザイナー、開発者にとって自由度が高まる。 ヘッドレスコンテンツ管理システムでは、開発者はフロントエンドの開発に最も効果的なソリューションや好みのツールを自由に使用することができます。 例えば、開発チームの技術スタックによって、クロスプラットフォームのモバイルアプリケーションフレームワークよりも、JavaScriptのフレームワークが最適である場合があります。
     
  • ユーザーにより良い体験を提供できる。 ヘッドレスコンテンツ管理システムは、バックエンドと一体化した特定のフロントエンドシステム内の選択肢に制限されることなく、ユーザーのニーズと期待に基づいて選択することが可能になります。
     
  • 生産性の向上。 ヘッドレスコンテンツマネジメント管理システムは、フロントエンドチームはバックエンドチームの作業の進捗に依存することなく、アプリケーション開発を進めることができます。
     

しかし、ヘッドレスCMSは言わずもがな良い点ばかりではありません。 多くの業界アナリストは、昨今のヘッドレスに関する誇大広告によって、ヘッドレスコンテンツ管理システムがすべての問題を解決する「銀の弾丸」であると誤解を生むような表現に警告を発しています。 ヘッドレス化はいくつかの問題を解決しますが、同時に他の問題も誘発します。 何事もそうですが、メリットとデメリットのバランスを取りながら、それぞれのユースケースに合ったソリューションを選ぶことが大切です。

例えば、ヘッドレスCMSのソリューションは従来型のCMSと比較すると開発知識や技術が要求され、開発者のサポートは必須です。 その必要性から、開発チームはプロセスのボトルネックとなりやすく、貴重で高価なリソースが、物事を遅らせる大きな制約に変わってしまうのです。

さらに、ヘッドレスコンテンツ管理システムは、コンテンツを制作する側が制御可能な部分が限られるため、マーケティング担当者の多くは従来のCMSよりも困難であると感じています。 また、従来のCMSで慣れ親しんできたローコード機能を犠牲にすることもあります。 もしマーケティングチームがヘッドレスCMSを採用することを決定する場面に居合わせていなかった場合、後になって彼らの期待と反したツールであると発覚し、思わぬ問題に発展する可能性があります。

セキュリティ面では、従来のCMSはセキュリティ評価、レビュー、認証においてより広範で厳格な実績を持っているのが普通です。 また、堅牢なアクセス制御システムを備えていることもよくあります。 最後に、従来のCMSは通常、フロントエンドにある程度のセキュリティ機能を備えており、開発者がそれを再現する必要がある場合があります。 経験豊富な開発者にとっては問題ないでしょうが、経験の浅いチームにとっては、不用意にセキュリティの脆弱性を導入してしまう可能性があるので、この可能性を検討する際には、チームの背景を考慮してください。

ヘッドレスCMSがあなたのチーム、組織に適しているかどうかを判断する際には、上記の長所と短所、そして後ほど少し述べるハイブリッドヘッドレスCMSツールに関しても一読してご検討ください。

ヘッドレスCMSプラットフォームの例

ヘッドレスCMSの技術が具体化するにつれ、そのためのプラットフォームも発展してきました。 ここでは、その代表的なものと、それに類するものを紹介します。

Drupal

Drupalは、現在最も高く評価され、成熟したCMSの1つです。 旅行・観光業界ではプリンセス・クルーズ、高等教育機関ではペンシルバニア州立大学、公共機関ではジョージア州やニューヨーク地下鉄など、さまざまな分野の企業で利用されています。 いずれもDrupalを使用しています。

ヘッドレスCMSの台頭により、開発者はヘッドレスDrupalのアーキテクチャに大きな関心を示しています。なぜなら、様々なチャネルやデバイスでコンテンツを表示しながら、Drupalの強固なコンテンツ管理機能を引き続き活用できるからです。 Drupalのアーキテクチャの例としては、以下のようなものがあります。

  • 従来型のDrupal:フロントエンドのレンダリングとバックエンド管理の両方を、Drupalが管理し責任を保持します。 従来型のDrupalは、組み込みのWYSIWYG編集機能、ローコードツール、SEO機能、アクセシビリティ最適化などの機能を備えています。
     
  • ハイブリッドヘッドレスDrupal:開発者はローコードツールを使用し、API経由でコンテンツにアクセスできます。 これにより、CMSはマルチチャネル体験を強化し、Drupalフロントエンドの上にJavaScriptコンポーネントを重ねて、インタラクティブなエンドユーザー体験を提供できます。
     
  • 完全なヘッドレスDrupal:フロントエンドのプレゼンテーション層とバックエンドのCMS管理との間で関心事を分離します。 この方法は、フロントエンドを完全にコントロールしたい開発者にとって魅力的なものです。
     

ヘッドレスCMSソリューションの選択肢は、Drupalだけではありません。 市場でも人気の高いソフトウェアサービスとして、以下のようなものがあります。

  • Contentful
  • Storyblok
  • Sanity.io 
  • Contentstack

ハイブリッドヘッドレスCMSとは

多くの企業は、従来のCMSとヘッドレスCMSのどちらを選ぶか悩むかもしれませんが、実はこの選択は誤った二分法です。なぜなら、ハイブリッドヘッドレスCMSという第3の選択肢があるからです。 ハイブリッドヘッドレスCMSは、従来のCMSとヘッドレスCMSの両方の属性を兼ね備えており、ユーザーはコンテンツを作成し、CMSのデータベースに保存できます。 そのコンテンツは、CMSのレンダリング層を介して提供することや、APIを介して完全に分離されたフロントエンド層によって取得することも可能になっており、柔軟に対応することができます。 このアプローチにより、現在のスタック内のあらゆるデジタルチャネルはもちろんのこと、今後発生するであろう新しいチャネルにコンテンツを提供することが可能になります。 

従来型のCMSとヘッドレスCMSの両方のニーズをうまく満たす真のハイブリッドとして運用できるCMSプラットフォームはほとんどありません。 同時に両方を実現できるものはさらに少数です。 そのため、「従来型 vs ヘッドレス」の議論が多く見られるのですが、それはこれらのプラットフォームが自身の制限があるためです。 業界アナリストは、ハイブリッドCMSソリューションを推奨しており、「ハイブリッドは新しいヘッドレス」という言葉と共に、啓蒙を促進しています。

ヘッドレスの始め方

あなたのチームや組織に適したCMSソリューションを選択するためには、適切な情報を入手し、自分の知識に自信を持つことです。 そのための手助けになるような資料のリストを以下に用意しました。

しかし、時には直接誰かに相談し、技術の仕組みや機能の説明を受けた方が簡単な場合もあります。 ヘッドレスCMSのデモを予約して、開発者、マーケティング担当者、そして会社の収益に何が可能かをご自身でお確かめください。

関連リソース

Headless CMS for Developers

What Is a Hybrid CMS?

Headless Commerce: Innovation for Customer Experiences

ヘッドレス型・デカップル型 CMS 利用ガイド

ハイブリッドCMSがマーケッターの間で選ばれる理由

ヘッドレス&ハイブリッドDrupal入門