gartner hero

アクイアが Gartner Magic Quadrant for DXPs でリーダーに

本日、アクイアの歴史上初めて、ガートナー社のDXP(デジタル・エクスペリエンス・プラットフォーム)に関する新しい Magic Quadrant にてリーダーに選ばれました。これは当社にとって信じられないほどの偉業です。

https://dri.es/files/cache/acquia/gartner-magic-quadrant-for-digital-experience-platforms-2020-1280w.png

2014年、私たちは企業が優れた顧客体験を提供するには、ウェブサイトやCMS以上のものを必要とすると宣言しました。 代わりに、多くの異なるマーケティングやカスタマーサクセスのためのテクノロジーを統合し、より多くのデジタルチャネル(モバイル、チャット、音声など)で運用できるDXPが必要になります。

アクイアは5年間、「Open DXP」に向けて熱心に構築してきました。その一環として、Acquia Lift(ウェブサイトのパーソナライゼーション)のようなソリューションで製品ポートフォリオを拡大し、マーケティング会社2社を買収しました。Mautic(マーケティングオートメーション)とAgilOne(CDP)です。

ガートナー社の Magic Quadrant for Digital Experience Platforms でリーダーに選ばれたことは、昨年の買収を含め、長年の努力が認められたことになります。また、SalesforceやAdobeのような、世界最高のソフトウェア企業の仲間入りを果たしました。これらすべてのことから、私はチームをとても誇りに思っています。

この評価は、ガートナーの Magic Quadrant for Web Content Management (WCM) のリーダーとして6年を経て得られたものです。最近、ガートナー社がWCMのマジック・クアドラントを廃止したことを知ったのは、ガートナー社のクライアントの需要がDXPのより広い範囲にシフトしてきたからです。また、クライアントからのDXPへの関心も高まっていますが、WCMとコンテンツは今後も基礎的かつ重要な役割を果たすと考えています。

アクイアのウェブサイトでガートナーのレポート全文を読むことができます。この素晴らしい成果を実現させてくれたアクイアチーム全員に感謝します。

元記事:Acquia a Leader in the 2020 Gartner Magic Quadrant for DXPs

---

ガートナーからの必須免責事項

Gartner, Magic Quadrant for Digital Experience Platforms, Irina Guseva, Gene Phifer, Mike Lowndes, 29 January 2020.

このグラフィックは、ガートナー社が大規模な調査文書の一部として発表したものであり、文書全体の文脈で評価する必要があります。ガートナー社の文書は、アクイア社からのリクエストに応じて入手可能です。

Gartnerは、調査出版物に掲載されているベンダー、製品、またはサービスを推奨するものではありません。また、テクノロジーの利用者に対して、最も高い評価を受けているベンダー、またはその他の指定を受けているベンダーのみを選択するよう推奨するものではありません。Gartnerの調査出版物は、Gartnerの調査組織の意見で構成されており、事実を示すものと解釈してはなりません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本調査に関する一切の保証 (特定目的に対する商品性または適合性の保証を含む) を行いません。

Dries Buytaert, chairman and chief technology officer, Acquia

Dries Buytaert

会長、最高技術責任者 Acquia, Inc.

ドリース・バイタルト(Dries Buytaert)はオープンソース開発者であり、技術幹部です。彼は、ウェブサイトやデジタル体験を構築するためのオープンソースプラットフォームであるDrupalの生みの親であり、プロジェクトリーダーでもあります。また、ドリスはベンチャー企業が出資するテクノロジー企業 アクイアの共同設立者であり、最高技術責任者でもあります。アクイアは多くの大企業にオープンクラウドプラットフォームを提供しており、デジタル体験の構築、配信、最適化を支援しています。世界経済フォーラム若手グローバルリーダーに選ばれた彼は、ゲント大学でコンピュータサイエンスとエンジニアリングの博士号を、アントワープ大学でコンピュータサイエンスのライセンス(MsC)を取得しています。彼は、マサチューセッツ州テクノロジー・リーダーシップ・カウンシルの「CTO of the Year」、アーンスト・アンド・ヤングの「New England Entrepreneur of the Year」、MITテクノロジー・レビューの「Young Innovator」に選ばれています。彼は、Drupal、オープンソース、スタートアップ、ビジネス、そして未来について、dri.esで頻繁にブログを書いています。