導入事例

ローラメルシエ

Image
Tabletop with open cosmetics products laid out
20 K

アセットの総数

118 K

過去1年のダウンロード数

32 K

過去1年のポータルサイト閲覧数

要約

Situation

 ローラ メルシエのチームは、グローバルビジネスの成長に合わせて拡張するために必要な機能を欠いたファイル共有ツールを使用していました。

Challenge

承認されたすべてのアセットを一元管理する場所がないため、チームはありあわせのコンテンツを使用し、結果としてブランドメッセージに一貫性が保てていない状況でした。

Our Solution

Acquia DAM(デン)のアセット、インサイト、ポータルの各アプリケーションを含んでいます。

Results

Acquia DAMのポータルアプリケーションを使うことで、まとまりのあるブランド体験に必要なコンテンツに、チームメンバー自身が簡単にアクセスできるようになりました。

クライアント

ローラメルシエは、女性たちがそれぞれの美しさを受け入れ、自信に満ちた最高の表情を見せることを応援する世界的なコスメティックカンパニーです。

Image
Cosmetics tubes lined up by shade

背景

ローラメルシエは、世界最大かつ最も歴史のある美容企業の一つである資生堂の傘下にかつて入っており、ローラメルシエを含むファミリーブランドのためにAcquia DAMを購入しました。 しかし、立ち上げと継続的なメンテナンスを監督する専任のDAM管理者がいなかったため、ローラメルシエのDAMシステムの導入は行き詰まっていました。

課題

ローラメルシエのチームは、ファイルの保存や共有ができるクラウドストレージツール、Boxを引き続き利用していました。 その結果は、理想とはほど遠いものでした。 重複した古いファイルがあちこちに散らばっており、 ファイル名はバラバラ。 また、写真や動画などのアセットを、ツールのフォルダベースで効果的に検索する方法がありませんでした。 チームは必要なコンテンツを見つけることができないのです。 何かを変えなければいけない状況でした。

ソリューション

2019年11月、ローラメルシエは、初のデジタルアセット担当マネージャーとしてアナ・ラウガリスを採用しました。 「私が入社したときのミッションは、Acquia DAMをできるだけ早く稼働させることでした」とアナ氏は語ります。 「新しい会社の仕組み、製品やブランドについて学びながら、同時にDAMシステムを立ち上げるのは大変なプロジェクトでした」。さらに、パンデミックが迫っていたこと、引き継ぐ前任者がいなかったこと、古いツールからの移行をためらうグローバルチームがいたことなど、アナ氏には困難なチャレンジが待ち受けていました。

DAM専任の管理者

アナ氏の採用は、ローラメルシエがDAMの課題を克服し、BoxからAcquia DAMに移行するための最初のステップでした。 「ある時点で、もはや単なる日常的な悩みの種ではなく、事実として会社に損害を与え、投資したいと思うようになったのでしょう。 彼らは、DAMの専門知識を持つ専任の担当者が必要だと気づいたのです」と、新しい役割の必要性についてアナ氏は語っています。 アナ氏は管理者として、システムの設定からユーザーのエンゲージ、グローバルチームのトレーニング、アセットの整理、継続的なメンテナンスに至るまで、あらゆることを手がけています。 

ユーザーファーストの体験

アナ氏はローラメルシエの新入社員ではありますが、大量のデジタル資産を管理することには慣れています。 アンナは、ユーザーにとって使いやすいようにDAMシステムを整理することがもっとも重要だと考えていました。 DAMシステムの利用について、アナ氏は「オンラインショッピングのようなもの」と語っています。 そして、検索に合わせたメタデータフィールドとシステム階層を設定し、お客様が商品購入する方法を真似しました(例:ファイルタイプではなく、商品タイプでソートなど)。

しかし、それ以上にアナ氏はユーザーの声に耳を傾けました。 彼女はユーザーのフィードバックを受け、彼らの働き方をサポートするためにシステムを調整したのです。 中にはDAMシステムに一般的な会社の略語を取り入れるなど、簡単なこともありました。 しかし時には、本当に驚くようなことを知り、それを取り入れることもありました。 例えば、ユーザーがファイル名にアセットのサイズやスペック情報を求めていることを知り、彼女は命名規則を変更したのです。

アナ氏の成功の秘訣は? 「DAMシステムができることとできないこと、そして会社が必要とすることとユーザーが必要とすることの両方を理解しようとすることね」とアナ氏は話しています。 「そして、あなたが”正しい”と思うどんなルールにも固執しないこと」。

考え抜かれたトランジション

「必要なものは何も見つからないのに、みんなBoxに慣れすぎていた」とアナ氏は言います。 「新しいツールを導入することで、また混乱が生じることを恐れていたのでしょう」。そこでアナ氏は、ユーザーの不安を解消するために、移行をできるだけ橋渡しするよう努めました。 これはAcquia DAMのアプリケーションの一つで、アセットの一部だけをキュレーションして、DAMシステムの外からアクセスできるようにする機能です。 「Boxのフォルダー感を再現するために、Portalsを多用しています」とアナ氏は話します。 「最初の1年間は、フォルダから離れ、新しいフィルタリングシステムであるAcquia DAMを習得してもらうために、この方法をよく使いました」。

成果

信頼できる情報源  

DAM専任の管理者を置くことで、ローラメルシエは会社のデジタル資産を管理するためのガイドラインと基準を設定し、それを実施することができるようになりました。 アナ氏を採用する以前は、クリエイティブチームが好きなアセットを、好きなファイル名で、好きな場所にBoxにアップロードすることができました。 「Boxの中はまさにカオスだった」とアナ氏は振り返ります。 「私はすぐにそれをやめさせたの」。

ローラメルシエのデジタル資産がより整理されたことは、否定の余地がありません。 しかし、それはあくまで一部。 「そもそもみんな想像もしていなかったけれど、このツールが信頼できる情報の源になったんです」とアナ氏。 「私とAcquia DAMが作り上げたこの信頼関係を誇りに思っています」。  

より高い投資対効果

「お金と時間と労力をかけて大規模な撮影をしたのに、結局消えてなくなってしまうんです。舞台裏の映像など、誰かのプライベートなBoxフォルダに紛れ込んでしまうのです」とアナは振り返ります。 Acquia DAMが稼働している今、ユーザーは簡単に検索やフィルターをかけて特定のアセットを探し出したり、今まで知らなかった画像や動画を見つけることができるようになりました。 

「ダウンロードされたアセットを見ていると、今ではそれが何であるかが誰でもわかるため、より多く利用されるようになったと思います」とアナ氏は言います。 Acquia DAMがもつファイル命名規則とアセットに情報(メタデータ)を関連付ける機能により、ローラメルシエのチームは、Boxのフォルダを次々に探って必要なアセットを探す必要がなくなりました。 むしろ、よりインパクトの大きい仕事に時間を割くことができるのです。 

グローバル対応

組織全体がBoxを使用していたことについて、「みんなフォルダが大好きで、慣れ親しんでいた」と、アナ氏は語ります。 しかし、チームや部署、パートナーが一つのツールの中で共同作業を行う場合、フォルダベースのシステムは理想的ではありません。 あるチームにとっては意味のあるフォルダでも、他のチームにとっては全く意味がない場合もあり得ます。 

Acquia DAMは非常にダイナミックで、複数の場所にデータを保管することができます。様々な方法で検索ができ、あるものを見つけるために特定の場所に移動する必要がありません」。 「いろいろな方法でアセットを見つけられる」とアナ氏は言います。 さらに、ローラメルシエはより強力なコントロール力を持てるようになりました。 ほとんどの資産はグローバルで利用可能ですが、地域によっては法的要件が異なる場合もあります。 例えばSPFを含む製品の場合、表示できる言語とできない言語について、地域特有のルールがあります。 各地域ごとにユーザーグループを作成し、どの地域がどのアセットにアクセスできるかを管理することで、常にコンプライアンスを維持できるようになりました。

ファミリーブランドの統一

大きなブランドファミリーの一員であるローラメルシエは、姉妹ブランドと同じDAMシステムを使用することで多くの恩恵を得ています。 「我々のDAMはまだ成長過程です」とアナ氏。 「ただ、資生堂傘下の他のブランドもすべてAcquia DAMを使っているのでとても助かっています」。

そのメリットは数多くあります。 ひとつは、姉妹ブランドであるNARSのDAM管理者と打ち合わせができたことで、システムの立ち上げが容易になったことです。 アナ氏は立ち上げに関するアドバイスをもらい、NARSでは何がうまくいっていて何がうまくいっていないのかを知り、ファミリー全体のDAMに一貫性を作ることができる部分がないかを見極めることができました。 

また、同じベンダーの同じDAMシステムを使用することは、ユーザーへの普及にも貢献しました。 「誰も聞いたことがないわけではなかった」と、アナ氏はアクイアについて話しています。 「その代わり、DAMがどのように役立つかを理解してもらうことが私の役割であり、それがDAMシステムを普及させることだと思っています。」