アクイアの創業ストーリー

June 29, 2022 2 mins Read
Co-founder Dries Buytaert shares the company’s origin story and how it got to where it is is today.

2007年、ジェイ・バトソン(Jay Batson)と私はオープンソースとDrupalをベースにしたソフトウェア会社の設立に着手していました。 15周年を記念して、アクイアを形成してきたマイルストーンと教訓を共有したいと思います。 このアクイア設立の記録は、この旅を価値あるものにしてくれた素晴らしい同僚、顧客、パートナーに敬意を表するだけでなく、会社をいちから作り上げることの挑戦とリターンについての率直な洞察を提供することを願っています。

2017年の10周年の時に、ジェイも同じような記事を書いています。 彼の視点から見た私たちの創業について、また、ゼロからビジネスを始めるということが実際にどういうことなのか、360度の視点から知ることができますので、ぜひこちらもお読みください。

Red Hat — But for Drupal

ハンス・スナイダー(Hans Snijder)と私は、2000年にDrupalの最初のバージョンを開発しましたが、その頃、私はゲント大学で博士論文に取り組んでいました。 当時のDrupalの勢いは凄まじかったです。MTVが新しいDrupalサイトのサポートを求めて電話をかけてきた時のことは今でも忘れられません。 幼い頃からよく知っているMTVのような巨大ブランドが、ウェブサイトにDrupalを選んだことに非常に驚きました。 私はDrupalを成功させたいと決意し、MTVを無料でサポートしました。

しかし、Drupalが成長するためには、MTVのような大企業がソフトウェアを成功させることに焦点を当てた会社、いわば「DrupalのためのRed Hat」が必要だということが明らかになったのです。 Linuxなどの他のオープンソースプロジェクトは、Red HatやIBMのような資本力のある支援者から恩恵を受けていることに気づきました。 (Red Hatは、事実、Linuxの代名詞になっていました。) そのような会社を立ち上げたいとは思っていましたが、どうすれば良いのかはまだ分かっていませんでした。 とはいえ、まずは博士課程を修了したかったので、大学院生の限られた時間とリソースを考えると、Drupalは趣味のままでした。

同じ頃、3,000マイル以上離れた場所では、別の創業者志望のオープンソース愛好家が、オープンソースソフトウェアを拡張して成功するためのサービスを提供する会社を作りたいと考えていました。 ボストン近郊のベンチャーキャピタル、ノースブリッジ・ベンチャーパートナーズの起業家であるジェイ・バトソンは、スポンサーのマイケル・スコック(Michael Skok)と一緒に、数百のオープンソースソフトウェアプロジェクトを評価していました。 最終的に、ジェイはDrupalとApache Solrに絞り込みました。

ジェイは、第二次世界大戦中のナバホ族のコードトーカー辞典から「acquia」という社名の候補まで見つけていました。 これは「見つける、位置づける」という意味で、Drupalが本来持っている情報やコンテンツの理想に最も近いものでした。 (アルファベットのリストでAの文字が1番になることも問題ではありませんでした。)偶然にも、acquiaaqua(意味:水)の類似性は、Drupalのドロップへのオマージュとなり、最終的にはアクイアのロゴのデザインの方向性を示しました。

サニーベールでの朝食

2007年3月、私はベルギーからカリフォルニアに飛び、YahooのオープンソースCMSサミットに参加し、DrupalCon Sunnyvaleのホストも手伝いました。そこでジェイから自己紹介がありました。 彼は、DrupalやApache Solrなどのオープンソースプロジェクトの補完サービスやサポートをエンタープライズレベルで提供できる会社を作りたいと説明してくれました。

しかし、私はDrupal 5をリリースすることに集中していましたし、博士号を取得するまでは会社を設立する気はありませんでした。 は最初は躊躇していたが、最終的にはジェイと朝食を取ることだけは同意しました。

バゲットとゼリーを食べながら、ジェイのアイディアと、私の「DrupalのためのRed Hat」を作りたいという思いが重なっていることが分かりました。 Apache Solrが必要だとは思いませんでしたが、ジェイがオープンソースを信じていることは好感が持てました。 オープンソースのプロジェクトは企業によってサポートされることで、より大きなインパクトを与える可能性があることを彼は理解していました。

多くの点で、ビジネスパートナーを見つけることはデートのようなものです。 お互いを知り、信頼関係を築き、見極める必要があります。 私たちその後数ヶ月間、ビジネスのビジョンについて話し合いました。 Apache Solrを計画から外し、Drupalのコミュニティをどのように盛り上げていくか、そしてどのようにお金を稼いでいくかを話し合いました。

2007年6月25日、ジェイはアクイアを法人化し、社名を正式に登録するための書類を提出しました。 正式な製品もなく、見込み客もなく、従業員もいない私たちに、その年の夏、ノースブリッジからコンバーチブルノートが発行されました。 私自身、マイケルと知り合って、影響力のあるメンターになっていたんです。 この最初のシード投資により、ビジネスプランを作成し、他の投資家に売り込みに行き、最初の従業員を雇うための資金を得ることができました。

Me (left) and Jay Batson (right) on one of our early fundraising trips to San Francisco" data-entity-type="media" data-entity-uuid="46fc7d70-8076-4d06-ba36-ef129d4eb002" data-view-mode="wysiwyg_full_no_crop_">

この間、私は博士号取得に専念していたため、アクイアに全力でコミットすることができないでいました。 最終的には、ジェイとマイケルが、アクイアの成長を手伝いながらでも博士号を取得することはできると諭してくれました。 順番に物事を進める必要はなかったのです。

アクイアは私のDrupalスタートアップ

その後まもなく、マイケルが投資を主導し、アクイアはノースブリッジからシリーズAのタームシートを受け取りました。 ノースブリッジとともに、シグマパートナーズ、ティム・オライリー(Tim O’Reilly)のOATVが共同投資家となりました。 (ティムは、私の友人であり相談相手でもありました。)

いろいろな意味で、私たちは変わったスタートアップでした。 シリーズAの資金提供を受けたとき、私たちは何の製品も持っていませんでしたが、Drupalをサポートし、Red Hatネットワークに相当するアクイアに進化することは分かっていました。 しかし、当時はどちらも存在せず、純粋にパワーポイントのデッキだけで資金調達をしていました。 ノースブリッジ、シグマ、OATVは、アクイアがウェブコンテンツ管理市場を破壊する10億ドル企業になるという信念に投資してくれました。 大きな賭けをしてくれたことに、心から感謝しています。

シリーズAの資金調達は、Drupalに対する期待の表れでした。しかし、700万ドルという決して少なくない金額を調達したという節目でもあり、複雑な心境でした。 ワクワクする反面、未知の世界への大きな一歩でもありました。 アクイアがDrupalやオープンソースのためになることは分かっていましたが、それが私の人生に与える影響も理解していました。 最終的には、Drupalに対する私のビジョンをビジネスプランに落とし込んでくれる強力なメンターがいたため、安心して飛び込むことができました。 ジェイとマイケルは起業家であり、ビジネスビルダーであったため、私の技術的な能力を補い、私自身の起業家としてのスキルを磨くことができたのです。

2007年11月、私たちは正式にアクイアを世界に向けて発表しました。 まだ準備はできていなかったのですが、ある記者が私たちの隠密な活動を嗅ぎつけ、わずか24時間でDrupalコミュニティに会社を公開することを余儀なくされたのです。 私たちは夜を徹してブログ記事を作成しました。 反応は様々でしたが、概ね好評でした。 発表を兼ねたブログ記事で、私はアクイアへの希望を語りました。

  • 私がDrupalコミュニティに対してリーダーシップを発揮し、ソフトウェアに対する私のビジョンを実現することをサポートする会社であること
  • アクイアはDrupalにとって、LinuxにとってのUbuntuやRed Hatのような存在になること
March 2008 version of Acquia.com, with our original logo and tagline" data-entity-type="media" data-entity-uuid="6086245f-7f31-4e9f-a57b-c81edcb8a3b1">

永続的な価値観の重要性

アクイアの企業価値を決めたのは、2007年末のオフサイトでした。 15年前にホワイトボードに走り書きした価値観は、今でも忠実に守ってきたと自負しています。 私たちの使命の主要なテナントは、 「誰もが迅速にキラーサイトを組み立てる力を与える」会社を構築することでした。

The values we elevated at the off-site" data-entity-type="media" data-entity-uuid="4cd37123-be2f-4568-bdb8-66db2bacbb23">

2008年1月には、6名のスタッフが揃いました。 

  • ガボル・ホイツイ(Gábor Hojtsy)、主任エンジニア 兼 Drupal 6ブランチメンテナ
  • キーラン・ラル(Kieran Lal)、プロダクトマネージャー 兼 主要Drupal貢献者
  • バリー・ジャスパン(Barry Jaspan)、主任エンジニア 兼 Drupalコア開発者
  • ジェフ・ワットコット(Jeff Whatcott)、マーケティング担当副社長
     

当時、私はまだベルギーに住んでいたので、ほとんどの打ち合わせはZoomよりずっと前に、スクリーンごしに行われました。

Screen capture of an early online meeting" data-entity-type="media" data-entity-uuid="1b82fa82-385b-4f1a-b035-beddfcfd5a87">

ビジネスを開始する

2008年の大半は、最初の製品を作ることに費やされました。 そして2008年9月に、「Acquia Network」と「Acquia Drupal」ディストリビューションの商用利用を発表し、ビジネスを開始しました。 Acquia Drupalは、Drupalの無償ディストリビューションであり、全モジュールを商用サポートするサブスクリプション型のアクセス権を提供するものでした。 エンタープライズサポートを優先することで、Red Hatのビジネスモデルを忠実に反映したものでした。

Drupalを真に活用するためには、Acquia Drupalだけでなく、それ以上のサポートが必要であることがすぐにわかりました。 そこで、2009年1月の第1週目には、サポートサービスをリニューアルし、 drupal.orgで公開されているすべてのモジュールやテーマ、カスタムコードなど、Drupal 6に関連するすべてのプロジェクトに対応することを発表しました。

Drupalのすべてをサポートするという、最初の大きな転換点となった瞬間でした。 Acquia Drupalのサポートだけを販売しても顧客にとって魅力的ではありませんでしたが、すべてのDrupalモジュールをサポートできるかどうかは懐疑的でした。 我々がスタートアップである以上、 計画を変更したり、早々に失敗することを受け入れなければなりません。 それは怖い移行でしたが、私たちはそれが正しいことだとわかっていました。

オープンソースの新しいビジネスモデルの構築

Acquia Networkのサブスクリプション販売は順調に商談を発掘していましたが、Drupalの採用に対する最大の課題であるユーザビリティとスケーラビリティに対処できていませんでした。

2008年10月、取締役会のトム・エリクソン(Tom Erickson)の進行のもと、チームを集めて戦略的オフサイトを開催しました。 主にサポートを提供するRed Hatの運営モデルは、企業がオープンソースを収益化する方法の基礎を築きましたが、私たちは、新しいクラウド技術がより大きな機会を提供すると同時に、Drupalの採用課題にも対処できると確信していました。 その重要なオフサイトで、私たちは「Acquia Gardens」と「Acquia Fields」の構築を決定しました。 この2つの製品がなぜ重要だったか、いくつかの理由があります。

 

Image
Color graphic explaining the value of Acquia Gardens and Acquia Fields to the company's history

スケーラビリティ問題の解決: Drupalは拡張性に優れていますが、企業がそれを実現するために必要とするインフラストラクチャは高価で入手しにくいものでした。 私たちは、企業のスケーリングを支援する最善の方法は、ウェブホスティングのパラダイムを転換することだと考えました。 従来のラック型から、当時の新しい技術であるクラウドを利用することで、その可能性を実現することができました。

ユーザビリティ問題の解決: 2008年、WordPressとNingによって、ブログを始めたり、ソーシャルネットワークを立ち上げたりすることが簡単にできるようになりました。 Drupalは、技術者以外のユーザーが簡単にこれらを行えるかというと、そうではありませんでした。 Acquia Gardensは、インストールやホスティング、アップグレードを心配することなく、Drupalのパワーを簡単に体験できるように作られました。 「Drupal-as-a-Service」の運用モデルは、この時が最初で最後でした。

それ以来、Acquia Fieldsは、後にAcquia Hosting、そしてAcquia Cloudへ、何度かブランド名を変更しながら現在に至ります。 Acquia GardensはDrupal Gardensとなり、その後Acquia Cloud Site Factoryへと進化しました。

当時、Drupalをクラウド化するという製品ロードマップは、大胆な試みでした。 今日、クラウドはあらゆるモダンなデジタルアーキテクチャの出発点となっています。 製品にクラウドを採用することで、オープンソースを商業化するための新しいビジネスモデルの確立に貢献したと思います。 現在、クラウドを提供していないオープンソース企業はほとんど思いつきません。

ヨーロッパからアメリカへの移住

2010年、ベルギーのアントワープでずっと過ごしてきた私は、チームの近くにいられるようにボストンへ引っ越すことを決意しました。 会社の大部分はアメリカのマサチューセッツ州にあり、私たちの成長のペースでは、ベルギーから我々のビジョンの実行を支援することは難しくなっていました。

また、2009年はたった1年で10万回飛行機に乗っていたので、 この引っ越しで移動時間の短縮も期待していました。 その6年後には、25万回飛ぶことになりましたが。

私の経験は、起業家に共通するものです。 だけ当初は、東海岸に2年だけ滞在する予定でした。 故郷から3,500マイルも離れた場所に引っ越すのは、簡単な選択ではありません。 しかし、ボストンへの移転は必要不可欠なものだと感じていました。 成功の可能性が高まると思いましたし、実際に私の人生にも大きな影響を与えました。

世界最高のデジタル体験のためのユニバーサルプラットフォームを構築する

2010年が始まったとき、アクイアはまさに3つのスタートアップが同時に稼働しているように感じたことを覚えています。Red Hatのビジネスモデルに非常によく似たサポート事業であるAcquia Network、マネージドクラウドホスティング事業(Acquia Cloud)と、Drupal Gardens(DrupalベースのWordPress.com)です。 トムがCEOに就任し、私がボストンにいることで、彼と直接仕事ができるようになりました。 この変革の時期に、私たちはまさに「創業期」を脱して、現在の会社を形成し始めたのだと思います。

それからの年月は、刺激的で、成長に満ちたものでした。 顧客データプラットフォーム(CDP)とマーケティングオートメーション、キャンペーン管理を搭載した、史上初のオープンなMarketing Cloudの提供を開始しました。 Acquia CDPはRealCDP Instituteの認定を受けており、小売業で最も広く利用されているCDPです。 

Marketing Cloudによって、アクイアはデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)にも進出しています。 過去3年間、アクイアのDXPはGartner Magic Quadrant for DXPのリーダーとして評価されています。

昨年は、デジタルアセット管理(DAM)と製品情報管理(PIM)のクラウドネイティブソフトウェアメーカーであるWidenを買収し、成長することが出来ました。 Acquia DAMと名付けられたこの製品は、The Forrester Wave™で注目を浴びています。Digital Asset Management for Customer Experience, Q1 2022レポートでは、この分野のリーダーであると評価されています。 Acquia DAMは、2022年SIIA CODiE AwardのBest DAM Solution部門でも最終選考に残りました。

会社の拡大は、他の場所で良い副作用を生み出しました。 2021 Boston Best Places to Work (Built In)、2021 Best Workplaces in Tech (Great Place to Work Institute UK)、2020 Top Place to Work in Massachusetts (Boston Globe) など、アクイアの職場文化は様々な媒体で評価されています。 社員と会社の相互の感謝を示しています。

また、素晴らしいお客様やパートナーにも恵まれています。 フォーチュン100社の25%にサービスを提供し、パートナーには、Wunderman Thompson、Bounteous、Phase2、Coherence、ジェネロ、Srijan、FFW、Accentureなど、業界で最もクリエイティブで意欲的なエージェンシーやシステムインテグレーターが名を連ねます。 

会社設立当初に下した決断が正しかったことが証明されています。 世界はオープンテクノロジーとクラウドを受け入れており、私たちは長年にわたってこの組み合わせに取り組んできた結果、適切な時期に適切な場所にいることができました。 

この数年間で、私たちに刷り込まれた教訓をもとに、実現したい目標がまだたくさんあります。 私たちが創り上げた意欲的な基盤を引き続き強化していくことを約束します。

感謝の気持ちを込めて

もちろん、これらの成果やマイルストーンは、アクイアチーム、お客様、パートナー、Drupalコミュニティ、そして多くの友人のハードワークなしには実現できませんでした。 すべてのハードワークに感謝しています。 15年経った今でも、私は毎日アクイアでの仕事を愛しています。

Keep Reading

全て表示する