ブログ

Mautic Conference Global 2022が開催されます

「Mautic Conference Global 2022」今年も開催!

オープンソースMAツール「Mautic」のグローバルカンファレンス「Mautic Conference Global 2022」が6月8 - 9日にオンラインで開催されます。

Image
Mautic Conference Global 2022

Mauticは、2014年に誕生した世界で唯一のオープンソース製のMA(マーケティングオートメーション)プラットフォームです。MAツールの中では後発でありながら、オープンソースコミュニティによる開発スピードで、モダンで快適な使い勝手が実現されています。すでに世界で20万を超える利用実績があります。

「Mautic Conference」は、世界中のMauticコミュニティを集結した世界規模のオンラインカンファレンスです。世界中から40名以上のスピーカーと、50以上の豪華なセッションで構成されます。マーケター、開発者、ディレクター、デザイナーなどどなたでも参加が可能です。

Mautic Conference Global 2022 日本語ページ

日本語トラックのご紹介

6月9日(木) 15時から日本語トラックで日本語セッションが開催されます。予定されている6つの日本語セッションをご紹介します。

Mautic 最新情報

株式会社マカルーデジタル 取締役 Chief Communications Officer
Katz Ueno

Mautic やコミュニティの最新アップデートを日本語でお送りします。今までの活動報告、2022年ロードマップ、新バージョンの紹介など、この1年の Mautic の動きなどを中心にお話しする予定です。

Mauticのプラグインを利用したクロスチャネルマーケティングの実現方法

ジェネロ株式会社 コンサルティング 本部長
秋山 真咲

Mauticには様々なプラグインがあります。プラグインとキャンペーン機能を連携させることで、顧客が望む方法で適切なメッセージを届けることができます。本セッションでは、それを実現する方法を具体的にご紹介します。

ソーシャルログインとソーシャルモニタリングについて

ウェブプラ合同会社 国家資格キャリアコンサルタント / 文科省認定統計士
寺岡 幸二

Mauticの標準機能である「ソーシャルモニタリング」や、プラグインで追加できる「ソーシャルログイン」について、活用シーンなどを話します。

Mautic 2.x から 4.x までのアップデートの道のり

株式会社マカルーデジタル 取締役 Chief Communications Officer
Katz Ueno

古い Mautic を使い続けている方はいらっしゃいませんか?私もその一人でした。とある Mautic インスタンスを思い切って 2.x から 4.x までアップデートを行いました。時間がかかるため、新しいサーバーやテスト環境を用意し、PHP のバージョンなどを切り替えながらアップデートしていく必要があります。その中で、私が行った 2.x から 4.x までのアップデート方法を紹介します。

APIで叶えるシステム連携

アクイアジャパン合同会社 テクニカルトランスレーター
丸山 ひかる

Mauticには外部システム連携のための方法として、REST API、Webhook、プラグインシステムがサポートされているため、システム間のデータ同期や何らかのアクションをトリガーとした処理をシームレスに行うことが可能です。サイボウズ社が提供するCRM「Kintone」を例に、APIを用いたMautic連携についてデモを交えてご紹介します。

日本語トラック Q&A セッション

MautiCon 日本語トラック恒例 (?) となってきた、日本語トラックの Q&A セッションです。スピーカー同士や参加者さん同士の質問を答えていきます。日本語トラックのセッションの質問や関係のない Mautic の質問なども受け付けます。

チケット購入方法

イベントの参加にはチケットが必要です。チケット購入は今回のオンラインイベント会場として使用される「Airmeet」を通じて行われます。現在販売中のチケット価格は20ドルです(5ドルのアーリーバードチケットは完売)。チケットの売上金は全てイベントの運営と今後のコミュニティのサポートのために使われます。

チケットを購入する


初心者向けセッションからAPI連携、MAのベストプラクティスまで幅広いセッションが行われるMautic Conferenceにぜひご参加ください。皆さんにお目にかかれる日を心待ちにしております。

関連リソース

全て表示する