ブログ

4ステップで理解するDrupal学習の道のり

ステップに応じてDrupal 9を学習するために参考になるコンテンツをまとめてみました。

「どうやってDrupalを習得すれば良いですか?」というご質問をよくいただくようになりました。本記事ではステップに応じてDrupal 9を学習するために参考になるコンテンツをまとめてみました。なるべく日本語で最新のものを引っ張っていますが、一部英語も混ざっているのでご了承ください。

ステップ1. Drupalにようこそ!特徴や概要をつかむ

まずDrupalとは何か、他のCMSと何が違うのか、どんなUIなのか、薄ーく概要を掴んでおくとイメージがしやすくなると思います。

  • 初心者向けDrupal 5分動画
    Drupal初心者向けの日本語解説動画です。1つの動画が5分で見れるのでストレスなく開始できます。Drupal 8、9に対応しています。

ステップ2. Drupal初学者 - サイト構築について学ぶ

Drupalの管理画面の操作、初期セットアップ、ユーザー管理、多言語対応など、Drupalのサイト構築に関する全般的な知識を学ぶのに便利なリソースをピックアップしました。

ここまでのコンテンツで得た知識を一通り習得したら、理解度を確認するために試験を受験することをお勧めします。Drupalのサイト構築に特化したDrupal認定試験「アクイア認定サイトビルダー」が該当します。

ステップ3. Drupalの開発知識をつける

ステップ2で基礎的なDrupalサイト構築のスキルを身につけることで、スムーズにDrupalの開発に関する知識を吸収することができます。フロントエンド(テーマ開発)とバックエンド(モジュール開発)に大きく分解できます。

Drupalのテーマ開発を行う上で必要な知識として、一般的なHTML/CSS/JavaScript、Twig構文の知識、多少のPHP知識が挙げられます。必要に応じて、各言語/ライブラリのドキュメントもご参照ください。

  • Drupal テーマ開発入門講座
    Drupalのテーマ開発に関する基礎知識を動画で解説します。Drupalのフロントエンド周りについて体系的に学びたい方、自分でカスタムテーマを作れるようになりたい方、アクイア認定デベロッパー試験を目指す方におすすめです。
  • Drupal Web開発ことはじめ
    「第8章 テーマを開発してみよう」が該当します。
  • Drupal 8 Layout and Theming Course
    英語。Drupalのテーマ開発に関する解説動画です。Drupal 8、9に対応しています。
     

以下はモジュール開発に役立つコンテンツです。Drupalはバージョン8以降、Symfonyコンポーネントがコアに組み込まれており、Symfonyによく似たMVCアーキテクチャが使用されています。

Drupalのフロントエンド、バックエンドに関する一通りの開発知識を身につけたら、「アクイア認定デベロッパー」認定試験を受験してみましょう。

ステップ4. Drupalエキスパートになるには

DrupalはWebフレームワーク並にしっかりと構築できることが特徴で、そのため大規模、複雑な案件に強いと言われています。大規模案件となると、より保守性、可読性に優れたコーディングを行うことが求められるため、オブジェクト指向プログラミングの理解は必要不可欠です。

DrupalのAPIドキュメントサンプルコードを参考にしながらたくさん手を動かすことが一番の近道です。また、Drupal開発者とのディスカッションを行ったり、ブログ記事や登壇などでアウトプットを行うことも有効だと思います。

Drupalエキスパートを目指す方々のために次の2つの試験が用意されています。

アクイア認定デベロッパー、アクイア認定フロントエンドスペシャリスト、アクイア認定バックエンドスペシャリストの3つの試験に合格すると自動的に「Triple Certified Drupal Expert」に認定され、高度なDrupalの専門知識を証明されます。

まとめ

本記事では、Drupalをこれから始める向けの学習方法をステップ毎にご紹介しました。ぜひ認定試験とセットでDrupal学習を一歩ずつ進めていきましょう。ご自身のDrupal学習にお役立て頂けますと幸いです。

関連リソース

全て表示する