アクイア、オープンソースCMS「Drupal」の認定試験を日本語にて提供開始

日本国内のDrupal開発者の育成と支援を強化

オープンソーステクノロジーによるデジタルエクスペリエンスプラットフォームを提供するAcquia(本社:米国ボストン、CEO:Michael Sullivan、以下アクイア)は、日本時間11月28日、オープンソースCMS「Drupal」(ドゥルーパル)の認定試験「アクイア認定プログラム」を日本語にて提供開始します。

世界で高く評価され多くのウェブサイトで採用されているオープンソースCMSフレームワーク「Drupal」は、大規模な開発者コミュニティと日々プロダクトのアップデートが続けられています。
 「アクイア認定プログラム」はアクイアが提供するDrupalの技術認定試験であり、開発者のDrupal知識レベルを証明するための日本唯一の資格です。開発者のDrupal専門知識の検証と、企業におけるさらなる技術の促進、チームのスキルアップ、プロジェクトの成功を支援することを目的としています。

ニュースレターを購読する

Drupalの創始者であり、現在もプロジェクトリードを務めるアクイア CTOのドリス・バイタルト(Dries Buytaert)は次のように述べています。「アクイア認定プログラムは、ユーザーとパートナーにスキルと知識を検証する厳密で公平な評価制度です。認定資格は、これらの資格を取得した人物の市場価値を高めて、チームがスキルある人材を発見することに役立ちます。」

「アクイア認定プログラム」は現在グローバルで11種類の試験を提供しており、今回はその中の1つである「サイトビルダー – Drupal 8」を日本語にて提供開始いたします。この認定は、コアモジュールおよび拡張モジュールを使用してDrupalサイトを構築するユーザーに向けたプロフェッショナル資格です。当試験は2019年11月28日からオンラインでも受験が可能です。

▽アクイア認定プログラム概要
https://www.acquia.com/jp/customer-success/learning-services/acquia-certification-program

◼ 今後の展開
アクイア認定デベロッパー、アクイア認定フロントエンドスペシャリストなど、その他Drupal認定試験については、来年以降、順次日本語での提供を開始予定です。

◼ キャンペーン情報
12月7日に名古屋で開催される DrupalCamp DEN 2019 Nagoya にて、アクイア認定プログラム試験会場を特設いたします。日本語での提供開始を記念して、通常$155の受験料を当日受験に限り無料にて提供いたします。

▽キャンペーン詳細
https://www.acquia.com/jp/certification/events/drupalcamp-dec7

Acquia(アクイア)社について

 Acquia(アクイア)は、オープンソーステクノロジーによるデジタル体験を提供する企業です。アクイアは、世界有数の大胆なブランドに革新を取り入れ、重要なカスタマーモーメントを創造できるテクノロジーを提供します。Webから店舗まですべての顧客接点をヘッドレスに、オープンソースによる柔軟な拡張性と、世界最高峰のセキュリティをアクイアプラットフォームは提供します。アクイアで企業が思い描く未来を自由に創造しましょう。

Drupal(ドゥルーパル)とは

DrupalはオープンソースのWebサイト開発のためのプラットフォームです。コンテンツとユーザの管理をシンプルにし、小規模から大規模まで世界中の様々な数百万ものWebサイトがDrupalの上で動いています。Drupalは、利用する環境や条件にフィットしたコンテンツ管理システム(CMS)を作成するためのモジュラーコンテンツ管理フレームワーク(CMF)です。

- ### -

全てのロゴ、会社名、製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。