ブログ

アクイア、ニューヨーク州のCOVID-19対応活動を支援 ー3日間で新ウェブサイトを立ち上げー

ニューヨーク州のCOVID-19対応活動をサポートするソリューションを迅速に構築・展開することに尽力しました。

COVID-19の世界的な健康危機は、一瞬にして何百万人もの人々の生活を激変させました。 より多くの人々がコミュニケーションや仕事、情報収集にテクノロジーを利用するようになり、企業は進化する要求に応えるためにデジタルオペレーションを加速させることが急務となっています。 ニューヨーク州は、この予期せぬ危機の中で、市民へのサービスの必要性をいち早く認識していました。 2020年3月には、テック業界のリーダーと公務員のパートナーシップである「NYS COVID-19 Tech SWAT Team」を立ち上げ、ニューヨーク州のCOVID-19対応活動をサポートするソリューションを迅速に構築・展開することに尽力しました。 アクイアは、ニューヨーク州の包括的なWebプレゼンスをサポートするために、数年にわたってニューヨーク州と協力してきましたが、私たちのチームは誇りを持ってボランティアで州のミッションに貢献しました。

ニューヨーク州の技術チームは、Acquia Digital Experience Platform (DXP) 内の複数のデジタルエクスペリエンス機能を活用して、新しいサイトの立ち上げと管理、インフラの拡張、そして何百万人ものニューヨーカーがガイダンスを求めたことによるウェブプロパティへの膨大なトラフィックの流入に対応しました。 Acquia Site Factoryを利用したことで、州はわずか3日でcoronavirus.health.ny.govの情報サイトを立ち上げることができました。 

また、Acquia Site Factoryは、失業保険給付に関する情報を求める州民の高い需要に応えるために、ニューヨーク州労働省のウェブサイトのスケールアップにも使用されました。 お客様のアカウントマネージャーとテクニカルアカウントマネージメントチームは、ニューヨーク州労働局などのデジタル・リソースの近代化を支援し、サイトの総トラフィックが200%以上増加したにもかかわらず、これらの重要なサイトの運営を維持しました。 Drupalとアクイアを使用した NYS のサイトにより、コンテンツパブリッシャーは重要な情報を迅速かつ確実に市民に伝えることで、その使命を果たすことができました。 ニューヨーク州のCOVID-19対策では、何千もの組織やボランティアが合計25,000時間の作業を行った結果、6,000万人のユーザーが4,900万回のサービスを利用し、3億4,200万回のページビューを記録しました。

アクイアは、突然の変化や不確実性のある瞬間に公共サービスを提供するために必要な、即効性と信頼性のあるサポートを組織に提供します。 柔軟でパワフルなデジタル エクスペリエンスを提供するという当社の取り組みは、ニューヨーク州がCOVID-19の危機に即座に対応し、アクイアとの継続的なパートナーシップによってウェブの存在感を近代化したことでも示されています。 

私たちは、この困難な時期に、ニューヨーク州とその住民のために重要なリソースとサポートを提供することができたことを誇りに思います。 

アクイアがお客様の組織をどのようにサポートできるかについては、こちらからお問い合わせください