ブログ

急成長を続けるアクイア、Widen社の買収を発表

Widenのクラウド型DAM/PIMソフトウェアがブランドのマーケティングワークフローと急速に拡大するデジタルアセットの管理を実現

本日アクイアは、デジタル資産管理(DAM)および製品情報管理(PIM)ソリューションのリーダーとして知られるWiden社の買収に合意したことを発表しました。 Widenの社員とお客様をアクイアに迎え、世界中の何千ものお客様にWidenのソリューションをご紹介できることを大変嬉しく思います。 

今回の買収はアクイアにとって過去2年間で4件目、かつ最大の買収であり、業界唯一のオープンなデジタルエクスペリエンスプラットフォームの開発を加速させることにつながります。

Widenのソリューションにより、Acquia Open DXPのユーザは、あらゆるデジタル上の顧客体験にブランドや製品のコンテンツを追加し、それらを大規模に管理することが容易にできるようになります。 Widenは、コンテンツの管理や、リッチメディアや製品情報に関連するマーケティングワークフローに精通しており、アクイアと理想的な関係を築いています。

この1年半の間に、あらゆる業界の組織が、ビジネスやサービスを提供する新しい方法に対応するためにデジタルトランスフォーメーションを実施しました。 このチャレンジに対するお客様の最大のニーズは、スピーディーに大量のコンテンツを作成し、個々のお客様の嗜好に応じたパーソナライズされたデジタル体験を構成することであると理解しています。

アクイアが全世界のマーケター800人を対象に行った最近の調査では、45%が組織内のリッチメディアの流れを管理するために、過去18ヶ月間だけでDAMソリューションを導入したことがわかりました。

アクイアは、企業がWebサイト全体のテキストコンテンツを管理する能力で業界をリードしています。 Widenの買収により、画像や動画、チャート、グラフ、プレゼンテーション、PDF、パンフレットや営業資料、ソーシャルイメージなどのアセットをコンテンツに注入する能力が強化されました。 私たちは、WidenのDAMとAcquia Open DXPの統合、およびWiden DAMの研究開発を加速させるための投資を速やかに実行し、アクイアの顧客に統合されたソリューションを迅速に提供していきます。

Widen DAMをベースに構築されたWiden PIMは、業界でもユニークな存在であり、Acquia Open DXPの戦略的な差別化要因の1つになるでしょう。 サイズ、色、重量、寸法、素材、SKUなどの製品情報を管理し、マーケティングのためのコピーやデモ動画などのメディアを使って製品情報を充実させる能力は、小売、ヘルスケア、教育、テクノロジー、通信など、さまざまな分野の企業にとって重要です。 

Widenのイノベーションへのこだわりは、顧客満足度へのこだわりにも通じています。 それは、700社におよぶWiden社の保有する顧客の更新率が95%という驚異的な数字を記録したことにも表れています。 顧客には、家電メーカーのダイソンやカーニバルクルーズライン、クレヨラ、スポーツマーチャンダイザーのファナティクス、プログレッシブインシュランス、光学技術メーカーのツァイスなどのブランドが含まれます。

Widenの人材への投資計画は、我々の投資計画と一致しており、今回の買収のハイライトである強力な文化的な一体感を生み出しています。 アクイアは今年これまでに500人を採用しており、今後もこの急速なペースを継続する予定です。 Widenの社員を迎え入れ、同社の本拠地であるウィスコンシン州マディソンをアクイアの新しい拠点の一つとして迎えられること、これ以上の喜びはありません。

今後も、お客様および従業員、Acquia Open DXPへの投資を共に行っていきたいと思います。 

 

 

関連リソース

全て表示する