【オンデマンドウェビナー】CDPの導入メリットと検討のポイントを丁寧に解説!基礎から学ぶ、初心者向けCDP講座

カスタマーデータプラットフォーム(CDP)は、オフライン、オンラインを問わず、様々なツールやデータベースに存在するデータを単一のプラットフォーム上に集約し、一元管理をすることができるソリューションです。企業が保有するデータはWeb上での行動履歴や購買履歴をはじめとしたデジタルデータだけではなく、コールセンターの対応履歴や店舗のPOSデータなどのオフラインデータなど多岐にわたります。

企業が保有する膨大な顧客データの中には、同じ顧客のデータであってもデータベースが分かれているために同一の顧客データとして統合されずお客様理解のためにデータを十分に活用しきれていないケースや、部門や部署ごとに利用しているマーケティングツールが異なるため顧客データの統合に課題を感じているとのご相談をいただくケースも増えてきています。

アクイアの提供するCDPはあらゆるデータを単一の顧客ビューに統合し、顧客の過去の購買履歴に応じたキャンペーンをパーソナライズしたり、購買単価の高い顧客群やリピート率の高い顧客群をAIと機械学習によってモデリングし、類似オーディエンスを抽出するなど、高次元なマーケティングをスムースに実現します。

当ウェビナーでは、CDPの基本的な機能から選定ポイント、導入までのステップを丁寧に解説いたします。
また、アクイアのCDPを活用してマーケティング効率を向上させたゴディバやルルレモンなどの事例をご紹介すると共に、お客様からよく頂く質問に回答するQ&Aコーナーを予定しております。

こんな方にオススメです:

  • CDPの基本的な機能を詳しく理解したい方
  • 機能の違いや使い勝手など、CDPを選定する際の具体的な基準を知りたい方
  • 見積もり方法などCDP導入までのステップ、導入後のオペレーションについてご興味のある方

 

登壇者紹介

NaotoKobayashi

・アクイアジャパン合同会社
エンタープライズアカウントエグゼクティブ 小林 直登

新卒でIBMに入社し、金融機関向けのメインフレーム営業としてキャリアをスタート。その後、ネット金融グループSBIのVC、セールスフォース、Treasure dataを経て2020年5月にアクイアへ入社。一貫して営業に従事し、これまでエンタープライズからSMBまで大中小規模のお客様、商材を幅広く担当し現在に至る。