reporting

イントリックス、アクイアジャパン合同セミナー

事例から学ぶ、グローバル企業の最先端デジタルマネジメント

グローバル企業のWebサイトの役割は、デジタルマーケティングの進化とともに大きく変貌し、企業の顔として、一つの店舗として、また、ブランドを体現するコミュニケーションプラットフォームとしての役割を期待されるようになりました。また、多言語展開する上でのローカライズ問題、Webだけではなくスマートフォンアプリ、スマートウォッチなど顧客接点のマルチデバイス化など時代の変化の中で、企業がデジタルコミュニケーションを成功させる秘訣はどこにあるでしょうか?

あらゆる顧客接点において、企業が期待されている統一されたブランド体験を提供するためには、ブランドマーケティングとデジタルマーケティングとを融合し、市場における自社ブランドの持続的な維持・成長・計測と広告戦略におけるリード獲得、ナーチャリングまでを横断的にマネージすることができるプラットフォームを戦略的に選ぶことが重要です。

本セミナーでは、グローバル展開をする企業のデジタルコミュニケーションの事例をご紹介すると共に、マルチチャネルでのブランドマネジメントを一元管理できる最新テクノロジーについてのご紹介を、セミナー形式で開催いたします。

開催概要

日時:2020年2月7日(金) 15:00 - 17:00 (開場 14:45 - )

会場:渋谷スクランブルスクエアWeWork 39F(渋谷駅直結)

共催:アクイアジャパン合同会社、イントリックス株式会社

※今回ご提供いただく個人情報は、アクイアジャパン合同会社、イントリックス株式会社の2社で共有し、アクイアジャパン合同会社のPrivacy Policyイントリックス株式会社のプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。

登壇者
猪目 大輔
イントリックス株式会社 取締役/CTO

大手ビジュアル広告制作のイマ(現アマナ)にてストックフォト事業のデジタル化を技術責任者として推進。国内最大級のストックフォトECサイトの立ち上げおよび同システムのOEM展開をリードする。2002年より大手Webコンサルティングのサイエントに参画。テクノロジー担当ディレクターとして日本を代表するグローバル製造業のWebシステム戦略策定・実行計画推進、グループWebガバナンス推進、グローバルCMS導入支援、海外共通プラットフォーム構築に数多く携わる。

2009年にイントリックスを設立し、取締役/CTOに就任。総合電機、機械、部品、制御機器、総合商社、情報通信など様々なBtoB企業のデジタルマーケティングを支えるプラットフォームの企画構想・推進、グローバル展開を支援している。

小坂 慎吾
アクイアジャパン合同会社 リージョナルパートナーマネージャー

Salesforce,Criteo,Treasure data等のデジタルマーケティングツール、ERP等の基幹システムなどのソフトウェア・クラウドベンダーの営業職を多く経験しながら、Direct response marketingを自費でセミナー等で学び始め、メルマガ読者40,000人以上を集めるなど実践と経験を重ねる。

アクイアジャパンでは日本でのパートナーモデルの構築、デジタルマーケティング関連のセミナー登壇等、アクティブに活動。趣味はブレイクダンス。

プログラム
セッションスケジュール
15:00 - 15:40
ブランドガバナンスと企業がとるべきプラットフォーム戦略

アクイアジャパン 小坂慎吾

15:40 - 16:30
グローバル製造業が目指すデジタルコミュニケーションのあるべき姿

イントリックス 猪目大輔

16:30 - 17:30
質疑応答