日本におけるドゥルパルの発展

まず、このポストを翻訳してくれた杉本守弘氏に謝辞を述べたいと思います。

アクィア (Acquia) の CEO として、私が ドゥルパル (Drupal) に対して情熱を抱いていることは皆様にお分かりいただけることと思います。しかしあまりご存知でないと思われるのは、私が日本 - その人々、土地、そして市場機会 - に対しても情熱的であるということです。今まで個人的に40回以上日本を訪問しており、最盛期は1999年以降のことです。最初の訪日は1993年でしたが、早くも1983年には日本というマーケットに対してのプランや戦略に取り組んでいました。

アクィアを築くにあたり、またドゥルパルの卓越した性能 – コンテンツを軸にしたリッチなウェブエクスペリエンスや、コラボレーション、E コマースなど – について広く伝えるにあたり、日本で何をすべきかについてドリーズ (Dries Buytaert) と私は思案を重ねてきました。

今その思考をもとに、次の段階に進む準備が整いました。それは日本においてパートナーを採用し、トレーニングおよびアクィアの数々のサービスを日本のマーケットで提供していくことです。パートナーは、エンドユーザーと連携してドゥルパル・エクスペリエンスをデザイン/構築する役割を担います。その彼らを基礎とする強靭なエコシステムを実現し、支援していくことこそが、私たちのビジネスモデル展開における主軸となります。そして私たちは様々な製品を通してこのエコシステムを支援することで、ドゥルパルによる成功を確実にします。アクィア・ネットワーク(Acquia Network) に含まれるのは:パフォーマンス向上支援ツール、インサイト (Insight);アクィア・サーチ (Acquia Search);あらゆるタイムゾーンに拠点を置くエキスパートによる24時間のサポート;ドゥルパルを用いたウェブサイトの拡張性と信頼性を保証するアクィア・クラウド (Acquia Cloud) の製品群などです。

2012年には、日本におけるミートアップや Drupal Camp をスポンサーしたいと考えています。また理想としては、今年後半にドリーズの訪日を実現し、開発者、デザイナー、そしてドゥルパルユーザーとの交流を図りたいと願っています。日本のドゥルパルコミュニティと協力していくための最良の機会を見出すために、我々は皆さんの助けを必要としています。同時に、アクィアとのパートナーシップに関心を寄せてくれる企業を求めています。

ぜひあなたのアイディアを、熱心なコミュニティマネージャーであるジェフリー マックガイア (Jeffery McGuire: jam [at] Acquia.com) にお送り下さい。または、個人的に私に送って頂いても結構です(tom [at] Acquia.com)。

もし英語や、他の西欧の言語によるコミュニケーションに不慣れでいらっしゃる場合、日本語で杉本守弘宛にお送りいただければ幸いです (mori.sugimoto [at] Acquia.com)。

Domo arigato

トム エリクソン (Tom Erickson)
CEO Acquia


(Original post)

Expanding Drupal in Japan

Thank you to Mori Sugimoto for translating this blog.

As the CEO of Acquia, it’s probably understandable that I am passionate about Drupal. What may not be so well known is that I am also passionate about Japan, the land, the people and the market opportunity. I have personally visited Japan more than 40 times in my career, with most of the activity since 1999. My first visit to Japan was in 1993, though as early as 1983 I was working on plans and strategies for the Japanese market.

As we have been building Acquia, and spreading the word about Drupal’s superior capabilities to create rich web experiences around content, collaboration and commerce, both Dries and I have been thinking what we should be doing in Japan.

We’re now ready to take that thinking to the next level, recruiting partners to deliver training and offer Acquia services to the Japanese market. Our business model revolves around enabling and supporting a strong ecosystem of partners who work with end users to design and build Drupal experiences. We back the ecosystem with several products helping them to ensure Drupal success: a series of tools in the Acquia Network including Insight and Search; 24x7 follow the sun expert support; the Acquia Cloud products that ensure scalability and reliability of Drupal sites.

In 2012, we’re hoping to help sponsor Drupal meetups and camps, and ideally arrange a visit by Dries later this year to meet developers, designers, partners and Drupal users. We’re seeking help to identify the best opportunities for us to work with the community in Japan and are also seeking interest from organizations who would like to learn more about partnering with Acquia.

Please send your ideas to Jeffrey McGuire, our enthusiastic community manager jam (at) Acquia.com

Or send me a note personally, tom (at) Acquia.com

If you are not comfortable with English or another western language, please send your thoughts in Japanese to Mori Sugimoto, mori.sugimoto (at) Acquia.com

Domo arigato

Tom Erickson
CEO Acquia

Comments

Posted on by Dominic Thomas.

Having lived in Japan and developed capabilities there years ago, I am very excited to see you putting efforts into expansion there. Ganbatte Kudasai!

-Dominic

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
  • Lines and paragraphs break automatically.

Filtered HTML

  • Use [acphone_sales], [acphone_sales_text], [acphone_support], [acphone_international], [acphone_devcloud], [acphone_extra1] and [acphone_extra2] as placeholders for Acquia phone numbers. Add class "acquia-phones-link" to wrapper element to make number a link.
  • To post pieces of code, surround them with <code>...</code> tags. For PHP code, you can use <?php ... ?>, which will also colour it based on syntax.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
  • Allowed HTML tags: <a> <em> <strong> <cite> <blockquote> <code> <ul> <ol> <li> <h4> <h5> <h2> <img>
  • Lines and paragraphs break automatically.
By submitting this form, you accept the Mollom privacy policy.