パーソナライズで実現する顧客体験の充実

今日の顧客は、ブランドとのエンゲージメントを選択するときはいつでも、よりパーソナライズされた顧客体験を期待しています。しかし、ほとんどの組織はその提供に失敗しています。 

こちらのガートナーのレポートでは、パーソナライズを使用して顧客体験を向上させ、収益を高める方法をご紹介しています。 

 

トピック

  • 効果的なパーソナライズを実現する6つのコアアプローチ — 購入者の嗜好の活用、製品の所属の特定、新しいデータソースを介したより深い顧客知識の獲得など
  • エンゲージメントチャネル全体でパーソナライズする方法 — ウェブやメールからソーシャルメディアや実店舗まで
  • 基本的な1対1のアクティビティから、より価値の高い1対1の戦術まで構築する、パーソナライズへの組織的なアプローチ
  • 「デジタルパーソナライゼーションエンジン」の概要 — なぜそれらを考慮する必要があるのか
  • 独自のパーソナライズ戦略を進める方法に関する推奨事項

 

レポートより抜粋

顧客のライフサイクル全体の重要な部分は、購入までのカスタマージャーニーをより簡単で充実したものにすることです。これは、チャネル全体で顧客を認識し、顧客を十分に理解し、ジャーニーのできるだけ早い段階でニーズを特定することによって行われます。

 

Gartner, Use Personalization to Enrich Customer Experience and Drive Revenue, 20 December 2017, Guneet Bajaj, Penny Gillespie

レポートを読む