バミューダ政府が Drupal を使用する新しい市民中心のデジタル ポータルを構築することを選択したのはなぜか

北米でインターネット導入率が最も高い住民数を誇るバミューダ政府は、強力で持続可能なオンライン プレゼンスを確保し、現在から未来にかけてさまざまな市民と産業へサービスを提供する価値を認識しています。

バミューダ政府は、運営費用の削減、カスタマー サービスの改善、デジタル サービスの立ち上げ、効率の向上という課題に直面していました。既存のプロプライエタリーのポータルと多くのスタンドアロン Web サイトが分断されたプラットフォームとテクノロジーで構築されていて、ほとんどのアプリケーションが統合されていなかったため、これは大変な要求でした。オープンソースの Drupal を採用するというバミューダ政府の決定により、ベース プラットフォームのニーズは満たされました。このプラットフォームにより、ビジネス プロセスを変換することができ、バミューダの有権者に抜群の価値と拡張性を提供できました。

バミューダ政府とそのパートナーである OPIN Software によるこのセッションに参加して、以下のことを確認してください。

  • SharePoint、Sitecore、その他 IBM のようなプロプラエタリ・システム、LifeRay のようなオープンソース・ソリューションを抑えて、Drupal がなぜ真っ先に選ばれるプラットフォームとなったのか
  • Drupal サイトを多くの移動する要素のある組織に実装し、意思決定者に購入を決断させる方法
  • 2016 年 4 月の立ち上げ以降の早期の成功および早期の課題
  • Drupal を使用してオンラインでデジタル サービスを立ち上げるバミューダ政府の計画

ウェビナー録画を視聴する

occurred on

Monday, February 6, 2017 EST

time

1:00 PM

duration

60min.

Mathieu Weber, Area VP & Country Manager for Canada, Acquia

Mathieu Weber

カナダ担当エリア VP 兼カントリー マネージャー Acquia

Acquia のカナダ担当エリア VP 兼カントリー マネージャーとして、Mathieu のチームは、カナダのビジネスを成長させ、パートナーのエコシステムを管理し、北緯 45 度線より北の Acquia のビジネスを拡張することに対して責任を負っています。彼はコンテンツ管理、資産管理、セマンティック検索、機械翻訳でデリバリー、セールス、マーケティングのチームを 20 年間率いてきた経験があります。