高等教育のエクスペリエンスを強化するためのパーソナライゼーション

強力なデジタルエクスペリエンスはほとんどの業界にとって最優先事項ですが、高等教育業界ではいまだにデジタル革新の推進が遅れています。しかし大半の機関が入学予定の学生にとって健全なパイプラインの維持に結びつけたいという目標を掲げていれば、ミレニアル世代のオーディエンスに効果的に響かせるために、思いやりがある、条件にあった、強化されたオンライン体験が必要となります。エンター: パーソナライゼーション

有資格者や受験者を増やし、学術的基準を高めることは、大学がデジタルパーソナライゼーションを通じて達成しようとしている目標のほんの一例にすぎません。それらの目標を達成するためには、高等教育業界でもデジタルパーソナライゼーションが他の業界と同じくらい重要となってきます。

Boston Interactive 社のウェビナーで、高等教育向けの強化されたパーソナライズ戦略を立てるための基礎を学びましょう。ここでは次のトピックについてお話します。

  • 黙示的または明示的なデータを収集して、既存のユーザーと未知のユーザーの両方の動作を定義する
  • セグメント化されたオーディエンスの行動や関心に基づいて関連するコンテンツを開発・作成し、提供する
  • ワイヤーフレームを使用して、エンゲージメントとコンバージョンを増やすための、簡単でパーソナライズされたユーザーのジャーニーをデザインする
  • 大学が掲げる包括的な目標を、すべてのステークホルダーが参加できるデジタル戦略プランと整合させる。

ウェビナー録画を視聴する

occurred on

Thursday, December 8, 2016 EST

time

1:00 PM

duration

60min.