EU の新しい一般データ保護規則 (GDPR) の理解

2016 年に、ヨーロッパの市民のデータを保護するために、欧州連合は一般データ保護規則 (GDPR) を承認しました。GDPR は規制として法律の施行を必要とせず、2018 年 5 月 25 日付にすぐに適用法となります。

GDPR は正確にはどのようなことを達成しようとしているのでしょうか? 公的な書類によると、その目標は「個人情報の取扱い、ならびにそのような情報の自由な移動に関して自然人を保護すること」です。

つまり、EU とビジネスを行う組織は、GDPR に準拠する必要があり、準拠しなかった場合は高額の罰金を払う必要があります。

罰金は 2000 万ユーロまたは年間売上高の 4% になることがあります。違反を犯し、結果として個人情報を漏洩した企業 (17 万名の個人情報を漏洩した Talk Talk など) には、莫大な罰金が科されます。

GDPR についてのディスカッションに参加して、以下のことについて確認してください。

  • 個人情報を使用する組織が準拠する必要のある原則
  • この新しい規制に準拠しない場合、結果としてどのような影響が組織に出るか
  • 組織が将来に対してどのように準備できるか
ウェビナーを視聴

occurred on

Tuesday, November 28, 2017

time

11:00 AM EST

duration

60min.