WOVN・アクイアジャパン合同ウェビナー 5年後のインバウンド需要を見据えた『マルチデバイスコンテンツの多言語展開戦略』

2020年の東京オリンピック開催が迫る中、海外から来日する外国人顧客とのタッチポイントを強化するコンテンツの多言語化が急速に進められています。

Webサイトはもとより、来日観光客が目にするデジタルサイネージ、実店舗に訪れた方へのリテンション施策、越境ECの展開など企業が多言語化すべきコンテンツは多岐に渡ります。

オリンピック過去5大会では、オリンピック会期中に海外から訪れた観光客がオリンピック閉会の後にインバウンド需要増をもたらし、企業の海外売上高を伸ばす現象が起きており、企業はWebサイトだけではなく、デジタルサイネージやアプリ、音声ガイダンスなどあらゆる顧客接点の多言語をスピーディーに展開する仕組みづくりが重要です。

当セミナーでは、実店舗とECサイトのデータを連動させたコンテンツのマネージ、パーソナライズ手法、およびWebサイトだけではなくデジタルサイネージやスマートウォッチなどあらゆるデバイスへの多言語コンテンツ対応を、最新のテクノロジーを活用してスピーディーに展開する方法を事例と共にウェビナー形式でご紹介いたします。

開催概要

日時:2020年3月13日(金) 15:00 - 17:00

定員:制限なし

配信形式:オンライン動画配信

費用:無料

アジェンダ

  • 10兆円の外国人市場を逃さないために、今求められていること (Wovn Technologies株式会社 小林弘佑)
  • 統一されたブランド体験を多言語・マルチデバイス展開するためのDXP活用術 (アクイアジャパン合同会社 小坂慎吾)

※同業他社様の参加はお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

共催:アクイアジャパン合同会社Wovn Technologies 株式会社

※今回ご提供いただく個人情報は、アクイアジャパン合同会社、Wovn Technologies 株式会社の2社で共有し、アクイアジャパン合同会社のPrivacy PolicyWovn Technologies 株式会社のプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。

occurred on

Friday, March 13, 2020 JST

time

3:00 PM

duration

90min.