高等教育の Web サイトのパーソナライゼーション: 小さく始めて、大きく考える

今日の大学の Web サイトは大半が、アクセスする人それぞれに対して同じ静的なエクスペリエンスをいまだに提供し続けています。パーソナライズされたエクスペリエンスが、ユーザー エクスペリエンスを改善し、組織により良い成果をもたらすかについて、その方法を確認します。

このウェビナーは、パーソナライゼーションのプランニングをどう考え始めたらよいかを検討し、大学の Web サイトに対して即座に大きな影響を与えるシナリオについてアイディアを共有します。以下のことについて確認します。

  • 高等教育のパーソナライゼーションにまつわる神話
  • 多くの高等教育のオーディエンスをセグメント化し、それに対して優先順位を設定する方法
  • 高等教育独特のオポチュニティと課題
  • より多くの成功を獲得し、「低い位置にぶら下がっている果実」である領域を発見

スピーカーについて:

Jeff Cram は ISITE Design (Acquia のパートナー) の共同創設者で、チーフ ストラテジー オフィサーとして業務を行っています。Jeff は、デジタル戦略、エクスペリエンスのデザイン、およびテクノロジーについて、高等教育機関に対してコンサルティングをこれまでかなり行ってきました。彼は、CMS Myth ブログを運営、Delight Conference を毎年開催するなど、デジタルコミュニティの中で精力的に活動しています。

ウェビナー録画を視聴する

occurred on

Thursday, October 16, 2014 EDT

time

1:00 PM

duration

60min.