GraphQL の紹介と Drupal への影響

GraphQL は、一般的な現在の RESTful アプローチの終焉から、将来のクエリ言語にいたるまでのすべてであると見なされてきました。Facebook を活用し、そのデータを Drupal 8 にフェッチして収集する GraphQL は、クライアント側のアプリケーションがデータをリクエストし受け取る方法だけでなく、サーバー側でペイロードが解釈およびフォーマットされる方法に至るまでの、大きな転換の前兆となっています。GraphQL とは実際に何であり、他の類似の技術との違いは何なのでしょうか。GraphQL で改善することを目指している REST の弱点は何なのでしょうか。GraphQL と素の古い JSON との違いは何なのでしょうか。

ウェビナーに参加して、リクエストの構造と応答間のシンプルな一致などの GraphQL の魅力的な機能と、形が返されたデータをミラーリングするクエリを、どのようにクライアントが送信するのかについてご覧ください。

次を含む、Drupal と REST レイヤーへのこの影響を紹介します。

  • Facebook の GraphQL の起源と、GraphQL のモチベーション
  • 一般的な RESTful API の制限と、GraphQL がどのようにそれらを解決することを目指すのか
  • GraphQL と Drupal 8 がどのように連携するのか
  • GraphQL を踏まえ、デカップル Drupal が持つ未来
ウェビナー録画を視聴する