Drupal 8 オブジェクト指向コンセプト入門

Drupal 8 ではオブジェクト指向プログラミング (OOP) を理解することが不可欠になりました。OOP にはコードの再利用やカプセル化などのメリットがあり、ユーザーはよりメンテナンス性が高く構造化されたコードを構築できます。

website development

これを PHP で行う方法に慣れていない開発者には、ある程度、手間がかかります。今まで Drupal 7 を使っていた場合は、名前空間、PSR 標準、その他一般的な OOP の概念にはどれもなじみがないかもしれません。

このウェビナーでは PHP で使われる最も重要な OOP 概念の数々をご紹介していきます。それらは Drupal 8 やその他の PHP フレームワーク、また Symfony2 や Guzzle などのライブラリでも使われているものです。最初は緩やかに OOP の基礎を紹介し、徐々にスピードを上げ、最後により抽象的な OOP の概念についてお話しします。このウェビナーを受講すると、Drupal 8 で使用されている OOP の主な概念を理解できます。

参加者はセッションの終了時点で以下の内容をよりよく理解していることになります:

  • オブジェクト クラスの基本構造
  • 可視性
  • インターフェイス
  • トレイト
  • 抽象クラス

ウェビナー録画を視聴する

duration

60min.