5 年間の歩み: ジョージア州の Drupal の ROI

2011 年、ジョージア州は高額な作動コスト、崩壊しかけのインフラストラクチャ、および完全に異なるサイトのウェブにより、「技術的危機」に直面していました。人材のほとんどは、州当局と役職者のウェブサイトを稼動させるために使用されており、真のデジタル戦略の実装に割ける時間はほとんどなかったため、結果として住民のユーザー エクスペリエンスは混乱しフラストレーションがたまるものとなっていました。

デジタル資産を州の各機関から集めて中央の単一の場所に統合するに当たり、ジョージア州はオープンソースの Drupal プラットフォームを見つけ、プロプラエタリ CMS で味わった苦労をなくしてくれるものとして採用しました。この思い切った転換により、ジョージア州には、コストを削減でき、効率が良く、有権者のデジタルエクスペリエンスを向上させる、スケーラブルで柔軟なプラットフォームがもたらされることとなりました。

それから 5 年後、どうなったでしょうか。このウェビナーでは以下をお伝えします:

  • Drupal の実装におけるジョージア州の ROI
  • ジョージア州の既存の Drupal プラットフォームにおける技術的、ビジネス上、そしてエンドユーザーの影響
  • 企業に対応するためのデジタル サービス チームの管理のヒント
  • 移行後に Drupal プラットフォームを維持する方法

ウェビナー録画を視聴する

occurred on

Thursday, August 25, 2016 EST

time

1:00 PM

duration

60min.