Drupal 8 でカスタムのエンティティを作成する

Drupal 8 には、非常に柔軟性が高く洗練された構造化データ エンジンである Entity API が核に内蔵されています。管理 UI 内で使用可能な核となるツールを使用して、非常に堅牢で完全なサイトを作成および管理できます。

Content management

しかし、Entity API を容易に拡張して、カスタムのエンティティを作成できます。このウェビナーで紹介します。

「エンティティ 101」で説明した通り、エンティティは「オプションとしてフィールド可能なロード可能なモノ」です。コンセプトはシンプルですが、実装は手強いです。自由に使用可能なツールを使用して、このプロセスをよりアクセス性が高くかつ高速なものにします。ウェビナーの終わりには、5 分以内で基本的なカスタムのエンティティとカスタムのモジュールを作成できるようになります。

含まれるトピック:

  • コードの基盤として Drupal Console を活用
  • カスタムの エンティティを格納するためにカスタムのモジュールを作成
  • 権限とルーティング
  • フォルダーの命名と名前空間のフィールドとデータベース ストレージについて理解する

コードの基盤は、優れたコードのコメントと合わせて、非常にわかりやすいプロセスとなりますが、これはコードについての技術的な説明です。視聴者は、ローカルの開発環境 (DevDesktop2 など) および Drupal のコンソールがインストール済みであれば、学習の進行と同時に即座に学習内容を適用できます。

ウェビナー録画を視聴する