ロサンジェルス市が Drupal に移行: デジタル トランスフォーメーションのストーリー

デジタル トランスフォーメーションはどの業界でも進んでいます。ロサンジェルス市を例にとってみましょう。

米国で 2 番目に大きな都市であるロサンジェルス市は、400 万人近くの市民が重要なサービスと情報にアクセスできるようにサービスを提供しています。しかし、レガシーの Web プラットフォームは、魅力がなく、まとまりもない効率の悪いユーザー エクスペリエンスを提供していました。ロサンジェルス市は、コスト効率がよく使用するのが簡単で多機能のプラットフォームを取得する魅力的な機会がないかうかがっていて、関連組織をサポートしていました。これにより、ロサンジェルス市は Drupal と Acquia にたどりつきました。

このウェビナーではロサンジェルス市が、プラットフォームを変更し、Acquia と手を組む決断を行った経緯について説明します。複数のカスタマイズされたコンテンツの豊富なデジタル エクスペリエンスを構築し、管理することに加えて、ロサンジェルス市は以下のことも行います。

  • レガシーの CMS の 20 を超えるサイトを Drupal に移行
  • 市民によるサービスやデジタル資産へのアクセスを増大
  • アクセスした人に一貫したマルチプラットフォームのエクスペリエンスを提供
  • Acquia のツールとホスティングを利用して、プラットフォームのセキュリティ、信頼性、拡張性を管理
  • 分散化されている IT 組織をサポートするソリューションを採用し、実装

ウェビナー録画を視聴する

occurred on

Tuesday, March 10, 2015 EDT

time

1:00 PM

duration

60min.