デジタルトランスフォーメーションプロジェクトへの速度および運動量の導入

もし、お客様のトランスフォーメーションに対する取り組みがプランニングの段階で手詰まりを感じるのであれば、それはお客様に限られたことではありません。

恐れ、リスクや未知により、組織が停滞状態になることがあります。 

トランスフォーメーションは、一回やれば済むという性質のプロジェクトではありません。継続し、進化するものです。早急のトランスフォーメーションに速度をもたらすことでクイックウィンを実現できますが、このアプローチで進めるとより多くの問題が生じる可能性があるという明確なリスクがあります。では、いつ機会の喪失がビジョンの現実化より重要視されることになるのでしょうか。

Drupal と Acquia で構築された企業向け高速デジタルトランスフォーメーションから得た経験を踏まえ、Loud&Clear マネージングディレクター兼共同設立者である Ben Beath は、わずか 12 週間で顧客価値をもたらすフレームワークを実現します。

ウェビナーを視聴

duration

60min.


Ben Beath - Loud&Clear マネージングディレクター兼共同設立者 

Ben Beath - Managing Director & Co-founder, Loud&Clear


2009 年、Ben は Loud&Clear を共同設立。以降、彼は、絶え間ない好奇心、技術力、クリエイティブなデジタルデザインを組み合わせた 145 名のチームを編成し、デジタルトランスフォーメーションを指揮、毎月 1500 万名が訪れるワールドクラスの製品エクスペリエンスを築いています。

彼のキャリアにおいて、Ben はオーストラリア一部主要ブランドの製品構築において重要な役割を担っています。AGL、オーストラリアサッカー連盟、Bank First のデジタルトランスフォーメーションにおいて重要な役割を果たした彼の経験により、彼は、顧客中心のデザイン思考とテクノロジーの意思決定の適合方法について確信をもって説明することができます。

投資家として、Ben は Sidekicker (Seek が出資) および FanHub (2017年に出資)のテクニカル共同設立者であり、強力な製品開発領域をデジタルトランスフォーメーションにもたらしています。

組織と人をつなぎ合わせることは、Loud&Clear の機能および文化における柱となっています。Ben はクライアントへの革新的なソリューションの提案を楽しんでいますが、自身の組織における革新方法の指導も自ら取り組んでいます。