ウェブサイトを超えて: Drupal を電子署名向けに使用する

Drupal 8 は従来のウェブを超えたエクスペリエンスを促進します。より多くのリッチな API が利用可能になるにつれて、Drupal を使用してデータを集積し、モノのインターネットのネットワーク内のさまざまなデバイスを特定し、その後データを適切な場所へルーティングできます。

digital signage

Drupal 自体のリッチなコンテンツ管理機能を考慮すると、CMS を活用してこのデータストリームを向上させることができます。場所、言語、データストリームに保存されたその他のメタデータに基づいて、関連性を高めることができます。このプレゼンテーションでは、Drupal 8 を使用してリアルタイムの署名システムを実現する方法を実演し、独自のシステムを構築するためのテクニックについて説明します。

内容:

  • さまざまなディスプレイ サイズをサポートするためのレスポンシブのテクニック。
  • 公的署名に関する ADA のルール。内容は WCAG/508 だけにおよびません。
  • 他のソースからデータを再放送する方法。
  • データの配信方法: プッシュアンドプル モデル。
  • 署名のネットワークのサイズとスケール設定。
  • キオスクでのフォルト トレランス
  • Drupal を署名に活用する理由
ウェビナー録画を視聴する