人工知能(AI)と顧客分析 マーケターのためのガイド

Hand with holographic data projections

過去20年の間に、マーケティングはますますデータ主導型になってきています。その理由の一つは、消費者とB2Bの両方の世界でデジタルチャネルを介して行われる商取引の増加に伴い、マーケティング担当者がアクセスできる顧客データ量が急増しているという事実にあります。

同時に、データを分析するために利用できるツール、つまりデータを非常に価値のある、さらには戦略的な資産に変えることができるツールも、ますます洗練されてきています。特に、機械学習の形で人工知能(AI)を活用したツールに当てはまります。これらのツールは、顧客グループのレベルだけでなく、個人顧客のレベル(例えば、1対1のパーソナライゼーションなど)でも、顧客の行動について非常に正確な予測を行うことができます。

  • 機械学習で対処できる3つの高レベルの問題の概要
  • 機械学習をマーケティングに適用する具体的なユースケース
  • データ管理やマーケティングツールなど、マーケティング担当者が機械学習をどのように活用できるかに関する推奨事項
日本語資料をダウンロードする