アジャイルとは: ウェブ速度でのソフトウェア開発

ソフトウェア開発プロセスの進化形であるアジャイル手法により、ソフトウェア開発チームは、従来のウォーターフォールモデルから、よりダイナミックな次元へと移行することができます。

Introduction to Agile: Software Development at the Speed of the Web

ウォーターフォール型開発では普通に発生する「待ち時間」がなくなり、1 つのフェーズの進行中でも同時に他のさまざまな動的要素の試行錯誤がなされます。協働、成果を上げる計画と実行、プロジェクトおよび変更に真っ向から取り組むことを可能にする柔軟性、そういったことがすべて、アジャイル型開発により促進されます。

アジャイル手法には、白黒では割り切れない今日のソフトウェアの世界で起きていることが映し出されています。アジャイル手法をとる開発者は、しばしば「不測の事態が常に起きるので、ベルトコンベア式でソフトウェア開発はできない」と言います。

「イノベーションに歯止めをかけるな」これこそがアジャイルを支持する開発者たちの心の叫びです。アジャイル型開発では、通常は 2 週間の「スプリント」と呼ばれる反復単位の中で、ユースケースを作成し、開発し、テストします。各スプリントの終わりには、納品できる製品ができています。変更要求があれば次回スプリントで反映できます。

ウォーターフォール型開発の場合、当初の設計どおりの製品ができあがり、途中で発生した変更要求がすべて反映された後でなければ、こういった動的な対応は不可能です。アジャイル型開発においては、開発者はアジャイル (俊敏) であることが求められます。同じ 1 つのスプリントの中に、要求定義フェーズ、設計フェーズ、開発フェーズ、そしてテストフェーズがすべて詰め込まれることも珍しくありません。

アジャイル型ソフトウェア開発についてさらに読む