ライス大学(Rice University)
ライス大学は、1912年にテキサス州ヒューストンで開設された私立の研究大学です。11の寮制大学と8校の学問により、4,000人の学部生と3,000人の大学院生が50を超える専攻と25の副専攻を選択できます。11の寮制大学と8校の学問により、4,000人の学部生と3,000人の大学院生が50を超える専攻と25の副専攻を選択できます。

Using Acquia Since

2017

Using Drupal Since

2017

Number of Employees

2,800

Highlights

Client:

ライス大学

Situation:

ライス大学の学生、スタッフ、卒業生、および寄付者は、更新された情報を入手し、取引を実行し、大学の部署と積極的にコミュニケーションできるウェブサイトを必要としていました。 

Challenge:

ムラのあるアクセスプロビジョニングを備えたレガシーなコンテンツ管理システム(CMS)は、開発がサイトの問題を容易に支援できないようにしました。ばらばらのコードベースと散発的なテーマは、訪問者にとって理想的とは言えない体験を生み出しました。

Solution:

Acquia Cloud Site Factory

Results:

現在Site Factoryに320以上のサイトが存在し、訪問者はユーザーエクスペリエンスが向上し、開発チームはより戦略的なタスクのために解放されています。 

クライアント

ライス大学は、1912年にテキサス州ヒューストンで開設された私立の研究大学です。11の寮制大学と8校の学問により、4,000人の学部生と3,000人の大学院生が50を超える専攻と25の副専攻を選択できます。大学では、680人の常勤のアカデミックスタッフと2,150人以上の管理スタッフを雇用しています。

背景

ライス大学のウェブサイトは、キャンパスのオンライン拡張として機能し、アクセスする学生、保護者、教員、卒業生、寄付者にさまざまな情報とサービスを提供します。今後の授業に関する情報の検索からライス大学の同窓会イベントでの仲間とのつながりまで、ユーザーは情報を入手し、取引を実行し、大学の部署と積極的にコミュニケーションをとる手段としてウェブサイトに依存しています。しかし、大学のwebプラットフォームはコンテンツ作成者にとって使いにくいものであり、統一されたコードベースの欠如により、大学の約300のサイトのそれぞれを個別に維持する必要がありました。 

課題

ライス大学の以前のCMSであるEktronは、クライアントから苦情を受け取っているだけでなく、開発者の間でも好まれていませんでした。ユーザーにサイトの問題が発生した場合、1人の開発者がシステムにアクセスして支援できる場合がありますが、むらのあるアクセスプロビジョニングでは、別の開発者はできません。散発的なテーマ設定、応答性、ブランディングにより、コンテンツ作成者とサイト訪問者は全体的にばらばらのエクスペリエンスになりました。大学のCIOと技術チームは、開発チームに統一されたアクセスを同時に提供する合理化されたオンラインエクスペリエンスを作成する必要性を認識しました。 

ソリューション

ライス大学の新しいCIOは、以前の大学でDrupalAcquia Cloudを使用して成功した経験があったため、EktronからAcquiaの最新製品であるAcquia Cloud Site Factoryへの移行を選択しました。最終的には、既存のスタッフがプラットフォーム内でオンラインになり、最初の17のサイト変換を通じて作業してDrupalスキルを磨いたため、切り替えは簡単でした。

Rice-U-screen

2017年に大型ハリケーンがヒューストンを襲ったとき、ライスにとって、神経質な親や学生は言うまでもなく、コミュニティとの信頼できる効果的なコミュニケーションを維持することが重要でした。モノリシックなテーマを作成することで、ライスはAcquia Cloud Site Factoryを使用して、280のサイト間で重要な緊急情報と安全情報を即座にブロードキャストできました。 

また、ライス大学はクラウドを使用して、コミュニティの状況に関する情報を迅速に収集しました。彼らは、人々がどこに住んでいたか、どれだけの打撃を受けたか、何が必要かを調査できるWebフォームを効率的にセットアップして配布しました。ライス大学は、この正確なリアルタイム情報を使用して、学生をボランティアのハリケーン対応チームとして知的に動員し、助けを必要としている被害者に役立つ情報をプッシュし続けます。

成果

現在、Acquia Cloud Site Factoryに320以上のサイトがあり、ライス大学はEktronから完全に移行し、近い将来、Drupal 8 Site Factoryへの移行を準備しています。訪問者はブラウザーとデバイス全体でより良いユーザーエクスペリエンスを享受し、編集が容易なため、開発チームはより戦略的なタスクに集中できます。 

アクイアへの移行は、アクイアのサービス実装を担当した情報技術局(OIT)によって開始されました。OITは広報局と協力してサイト開発を管理し、広報とブランドと設計を担当し、OITはプラットフォーム、ユーザートレーニング、およびサポートを処理しました。ブランド標準とアクセシビリティがより一貫し、プラットフォームのメンテナンスが面倒になり、大学の開発チームはマイクロサイトのリクエストに迅速に対応できます。

アクイアの導入事例に関する資料請求はこちら