大塚アメリカファーマシューティカル
1989年以来、大塚製薬グループの一部であるOtsuka America Pharmaceutical Inc.(以下 大塚アメリカファーマシューティカル)は、米国の市販製品を監督し、神経科学、腫瘍学、および心腎にフォーカスしています。

Using Acquia Since

2017

Number of Employees

5,600

Highlights

Client:

Otsuka America Pharmaceutical Inc.

Situation:

製品ポートフォリオ内に複数のブランドがあるため、消費者、介護者と医療提供者の両方のための集中型オンラインプラットフォームを作成したいと考えていました。

Challenge:

マルチサイト環境プロジェクトは非常に納期が短く、金融支援適格性ツールの立ち上げという追加の目標と相まって、過酷な状況でした。

Solution:

大塚アメリカファーマシューティカルはEPAMと連携し、Acquia Cloud Site Factoryを活用しました。

Results:

  • ブランドサイトのワークフローの改善とコンテンツの更新の容易化
  • ページビューが14%増加
  • ホームページの読み込み時間が4.7倍

クライアント

大塚アメリカファーマシューティカル(OAPI)は、1989年に設立された医薬品の製造販売を手掛ける大塚グループの企業です。大塚アメリカファーマシューティカルは、神経科学、腫瘍、心臓・腎臓の分野における多様な製品ポートフォリオに焦点を当て、米国での商業製品を統括しています。同社は、顧客に最高の価値を提供する、一流で効率的かつ効果的な医薬品を提供することを目指しています。

背景

製品ポートフォリオ内に複数のブランドがあるため、消費者、介護者と医療提供者の両方のための集中型オンラインプラットフォームを作成したいと考えていました。彼らは統合された情報を提供する単一のオンラインポータルを開発し、これを、簡単な更新と、将来のブランドの追加を可能にするサイト基盤を築くための最初のステップと考えました。また、消費者が専門の薬局や地域のケアセンターを見つけやすくすることも望んでいました。

課題

製薬ブランドのサイトの開発に加えて、無料の薬の資格を満たしているかどうかを患者と介護者が学習できるツールをそこで起動することも望んでいました。この適格性ツールは、マルチサイト環境プロジェクトの短納期とともに、ソフトウェアエンジニアリング会社であるEPAMを含むプロジェクトチームにとって困難な状況を作り出しました。

otsuka-computer

ソリューション

大塚アメリカファーマシューティカルはEPAMと連携してAcquia Cloud Site Factoryを展開し、マルチサイト環境で会社の多くのブランドをサポートしました。チームはまた、適格性ツールを作成し、消費者が財政支援について問い合わせる簡単な方法を提供するという会社の要望をサポートしました。適格性ツールは、フォーム送信をPDFファイルにパッケージ化し、送信された情報に応じて、登録アプリケーションをダウンロードする指示をユーザーに提供しました。

成果

EPAMはAcquia Cloudでカスタムモジュールとテーマコントリビューションを迅速に開発およびテストし、ブランドサイトのワークフローの改善とコンテンツの更新を容易にしました。権限が制御されたモデレーションは、サイトのコンテンツガバナンスを改善するのに役立ち、プラットフォーム上のすべてのサイトは、モバイル、デスクトップ、タブレットでの顧客体験の提供に最適化されました。

  • ページビューが14%増加
  • 直帰率が41%減少
  • ホームページの読み込み時間が4.7倍短縮
導入事例に関する資料請求はこちら