ジョンソン・エンド・ジョンソン
1886年に設立されたジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、医療機器、医薬品、消費者向けパッケージ商品を開発しています。

Highlights

Client:

 ジョンソン・エンド・ジョンソン (J&J); パートナー: EPAM

Situation:

膨大なポートフォリオを持つ製品・ブランドサイトのスケールアップが必要でしたが、機能の統一性の欠如や一貫性の問題が問題となっていました。

Challenge:

J&Jは、自社ブランドへの影響を最小限に抑えながら、500以上のサイトを時間と費用対効果の高い方法で新しいプラットフォームに移行する必要がありました。

Solution:

Acquia Cloud Platform 

Results:

  • 新規サイト構築にかかる平均費用を59%削減
  • 新規サイトの構築時間を45%削減

クライアント

1886年に設立されたジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、医療機器、医薬品、消費者向けパッケージ商品の開発を行うグローバル企業です。同社は、2018年の Fortune 500 の総売上高別米国最大企業リストで37位にランクされています。この企業には、60カ国で事業を展開する250の子会社が含まれ、175カ国以上で製品を販売しています。

背景

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、オンライン上での存在感を高め、顧客に最適化されたユーザー体験を提供する必要がありました。さらに、製品やブランドのウェブサイトの膨大なポートフォリオを拡張する簡易的な方法を望んでいました。しかし、以前のサイトのSEOは、ブランド間での一貫性や統一された機能を欠いていました。その結果、ユーザーは必要な情報に簡単にアクセスすることができませんでした。 継続的な開発やサポートコストを最小限に抑え、500以上のトラフィックの多い国際的な消費者向けウェブサイトを一元化されたプラットフォームに移行したいと考え、J&JはEPAMと協力しました。

課題

EPAMと協力して、チームは多くのデジタル上の課題を特定しました。500以上のサイトを、J&Jのブランドへの影響を最小限に抑えながら、時間と費用対効果の高い方法で新しいプラットフォームに移行することは、簡単な作業ではありませんでした。さらに、サイト構築者とプラットフォーム管理者の間の調整がほとんど行われていなかったため、新しいウェブサイトはそれぞれが独自の高度にカスタマイズされたバージョンのプラットフォームを実行していました。品質保証もまた大きな課題であり、新規サイトが稼働する前に発見された不具合は平均して30%しかありませんでした。

ソリューション

johnson&johnson template

J&JはEPAMと協力してCANVASを開発しました。CANVASは堅牢なDrupalベースのマルチサイトプラットフォームで、デジタル世界の進化に合わせてグローバルブランドのウェブサイトのポートフォリオを成長させ、拡張することができます。サイト構成管理を自動化する継続的インテグレーション(CI)ツールと標準化されたサイト構築・アップグレードプロセスにより、チームは予測可能で調整されたプラットフォームのリリースを確実なものにしました。さらに、EPAMは、プロセスを合理化するために、要件収集とコンテンツ移行に使用するカスタムテンプレートを開発し、個々のサイトがコアプラットフォームのコードをカスタマイズすることを制限することで、ユニバーサルプラットフォームのリリース計画を遵守するための構築ツールを実装しました。

成果

J&JとEPAMのコラボレーションの結果、主要な指標は以下の通りです。

  • 新規サイト構築の平均費用が59%削減
  • 新規サイトの構築時間を45%短縮
  • サイトごとの継続的なメンテナンスコストを25%以上大幅に削減
  • 新しいプラットフォーム機能の導入にかかるコストと市場投入までの時間が削減
  • 新規および既存のサイトは、拡張された共有機能セットにアクセスすることが可能に
  • すべてのサイトで一貫性を保つことで、コアプラットフォームへの上流からの貢献が増加し、すべてのサイトが1つのサイトの改善努力の恩恵を頻繁に受けることが可能に
  • 平均滞在時間、1回あたりのページビュー、ターゲットページへの訪問率のすべてが増加
導入事例に関する資料請求はこちら