データの問題の解決: データ、分析およびレポーティングを用いて適切なカスタマーエクスペリエンスを実現

デジタルがビジネスと顧客間で直接相互作用する優れた新たな方法を創出した一方で、マーケターにとっては非常に恐ろしい時代になりました。

Using Data to Deliver Optimal CX

マーケターは、以前よりも重い役割を担っています。ブランディングおよびメッセージングをまかされているだけではなく、コマース、ソーシャルメディア、その他、カスタマーに関係するあらゆる側面を引き受けています。

デジタルにより、マーケターはカスタマーへの直接回線を手に入れることができましたが、その反対も真実です。つまり、カスタマーはビジネスへの直接回線を手に入れました。カスタマーはブランドへ自身の理解を求めています。

自分は誰なのか。何が欲しいのか。それはなぜか。カスタマーはブランドがそれを知っていることを期待します。マーケターは、これを行う方法を見つけるのに苦労しており、カスタマーとの間で交わされる一つ一つのやりとりや会話から学びたいと考えています。

これらのやりとりからデータを収集し、分析します。そしてそれを使用して、現代のカスタマーが期待する、より深く、パーソナライズされたエクスペリエンスを作り出すことができます。

カスタマーエクスペリエンスについてさらに読む