※本イベントのお申し込みは終了いたしました。

世界中のサイトで多くの利用実績のあるオープンソースCMS「Drupal」の基本とサイト構築を2日間集中的に学びます。はじめてDrupalを触れる方でも学べる内容になっています。

オンラインウェビナーになります。

想定受講生

Drupal 8に初めて触れる人。ハンズオンで初めてのDrupal 8について概要を紹介して欲しい人向けです。

必要な予備知識

  • WordPress、Joomla!などのCMS(コンテンツ管理システム)を使ったウェブサイト構築を理解していると役立ちます。
  • HTMLやCSSを使ってウェブサイトを使ったり、構築したりした経験があると役立ちます。

トレーニング概要

日程:6月20日(土)10〜17時
   6月21日(日)10〜17時
主催:情報価値研究所
費用:77,000円(税込) 限定割引 71,500円(税込)
応募締め切り:5月17日(日)

※今回ご提供いただく個人情報は、アクイアジャパン、情報価値研究所の2社で共有し、アクイアジャパンのPrivacy Policy、情報価値研究所のプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。

トレーニングメニューの詳細

カリキュラム1日目 イントロダクション

コースの説明

Drupalでウェブサイトを構築するにあたって不可欠なスキルの総合的な導入コースです。 インタラクティブな研修を想定しています。本マニュアルのステップに沿って疑似クライア ント(顧客)であるSociable Planetの実際に動作するDrupalウェブサイトを構築します。手順をステップ・バイ・ステップに紹介してから実践の課題で知識を強化していただきま す。インストラクターが、この学習プロセスのお手伝いをします。ウェブサイトの事例に触 れて、その経験を持ち帰って実際の業務や新しい課題に応えられるようになっていただくこ とが目的です。

まずはDrupal 8をしっかり紹介します。ハンズオンの研修を通じて、Drupalの本質的な機能 や概念をご紹介し、説明して参ります。このコースは、Acquiaの「Drupal 8でウェブサイトを構築する(Building Websites with Drupal 8)」というコースの受講条件となっています。Drupalを使ったサイト構築に初めて 触れる方向けの2日間のカリキュラムの1日目のコースです。

想定受講生

Drupal 8に初めて触れる人。ハンズオンで初めてのDrupal 8について概要を紹介して欲しい人向けです。

必要な予備知識

  • CMS(コンテンツ管理システム)を使ったウェブサイト構築を理解していると役立ちます。
  • WordPress、Joomla!などのシステムや、HTMLやCSSを使ってウェブサイトを使ったり、構築したりした経験があると役立ちます。

学習目的

このコースを終えると、受講生は以下のことができるようになります。

  • Drupal 8のコアが提供する主な機能や特徴を自分で説明できる
  • Drupalの用語の定義やコンセプトを説明できる
  • Drupalサイトの構造やテーマをまとめて説明できる
  • Drupalの機能拡張に必要なモジュールを探して活用することができる
  • Drupal 8を使ったウェブサイト開発の利点を述べることができる
  • コンテンツ・タイプを生成することができる
  • コンテンツや他のデータのリストを作ることができる
  • 個別のコンポーネントからウェブサイトを1つ組み立てることができる

カリキュラム2日目 Drupal 8によるウェブサイト構築

コースの説明

「Drupal 8によるウェブサイト構築」は、Drupaldでウェブサイトを構築するにあたって不 可欠なスキルの総合的な導入コースです。インタラクティブな研修を想定しています。実際 に動作するDrupal 8のウェブサイトを使いながら進めます。
必要な手順を1つずつ説明し、実践で強化していただきます。クライアント(顧客)のニー ズに応えるサイトの構築を疑似体験していただき、その経験を持ち帰って実際の業務や新し い課題に応えられるようになっていただくことが目的です。
2日間のDrupalサイト構築カリキュラムの2日目に当たる1日コースとなっています。

想定受講生

コースの内容はDrupal 8の基本的な導入の説明を受け、Drupal 8によるサイト構築にある程 度習熟した人を対象にしています。

前提条件

有益なコースにするには、事前に以下を経験しておられる必要があります。

  • 「Drupal 8のイントロダクション」または「Drupal 8で何が新しいか」のどちらかのコース を終えている。
  • CMS(コンテンツ管理システム)やウェブサイト構築のある程度の経験。
  • HTMLとCSSの経験。
  • このほか、JavaScriptとPHPを使い慣れていると役立ちますが、必須ではありません。

学習目的

コースが終われば研修生は以下のことができるようになります。

  • データに、フィールド化したエンティティを付加してデータベースに入れる
  • データベースからコンテンツのリストを作ってサイトに表示する
  • カスタマイズしたモジュールやテーマの構築を含めてDrupal 8ウェブサイトを構築する基本 をすべて理解する
  • 個々のコンポーネントを組み立ててウェブサイトを構成する