data cloud

なぜ今世界がオープンDXPを必要としているのか

アクイアは初期の頃から、クラウドが常に当社のビジョンの中心にありました。顧客にオープンソースソフトウェアを提供するには、クラウドが最良の方法であると「賭け」をしていました。

当時は、クラウドもオープンソースソフトウェアもまだ少数派でした。ほとんどすべての企業が、オンプレミスのデータセンターでホストされている独自のソフトウェアを使用していました。オープンソースとクラウドは、未検証でリスクが高いものとして認識されていました。 

2006年3月、AmazonはAWS S3とEC2のクラウドサービスをリリースしました。その1年後、私たちはDrupalのホスティングプラットフォーム全体をAWS上に構築しました。

当初、私たちは多くの時間を費やして、クラウドを介して提供されるオープンソースソフトウェアが適切な投資であることを顧客に説得しました。

私たちは、新しいタイプの会社を築くことができると確信していました。その会社は、新しい種類のビジネスモデル、新しいイノベーションモデルを持っており、すべてが新しい世界に最適化されていました。この新しい世界では、企業はほとんどのアプリケーションをクラウドに移行し、ほとんどのソフトウェアがオープンソース化され、ITインフラストラクチャが従量制の公共事業となり、データ駆動型サービスがビジネスの成果を左右するようになるでしょう。

13年後、ほとんどすべての企業がオープンソースのソフトウェアを使用してクラウドを構築しています。開発者は強力な意思決定者となっています。2007年には危険な賭けだったことが、今日ではソフトウェア開発のデファクトスタンダードとなっています。

オープンソースの力

ある意味では、オープンソースを使用することは、独自ソフトウェアよりも常にリスクが少なかったのです。独自ソフトウェアを使用すると、成功はベンダーの成功につながります。 私たちの業界では、ほとんどのCMSベンダーが出入りしています。

私にとってオープンソースとは、常に自由、つまり制限なく自分の望むものを作成できることを意味しています。オープンソースは、自分の運命を自分でコントロールできるようにしてくれます。

2010年には、「IBM、Oracle、Microsoftを買ったことで解雇された人はいない」と言われていました。2020年には、「オープンソースを使用したことで解雇された人はいない」ということになります。

マーケティング担当者もオープンを望んでいる

過去10年の間に、アクイアは、お客様のサイトのホスティングを支援する会社から、多くのデジタル顧客体験の創造を支援する会社へと進化しました。

私たちは、デジタル体験技術の構築、スケールアップ、運用を行うITチームと、デジタル体験の設計、作成、最適化を行うマーケティングチームの2つのグループに分かれてサービスを提供しており、2つの主要なクラウド製品を持っています。「Drupal Cloud」と「Marketing Cloud」です。

2019年だけでも、MauticとAgilOneを買収しました。これらの製品は、「ベスト・オブ・ブリード」のアプローチによって定義されたMarketing Cloudの一部となっています。

私たちは、マーケターがオープンAPIと相互運用性を介して、成功をもたらすあらゆるソフトウェアでMarketing Cloudを自由に使えるようにしたいと考えています。私たちは、新しいサードパーティ製ツールを迅速にテストし、実験できるようにすべきだと考えています。 そして、これらのツールはすべて共通のデータソースを共有し、お互いに敵対するのではなく協力して作業できるようにすべきだと考えています。

2020年には、このビジョンが現実のものになると見ています。

「オープンな」文化の構築

アクイアは製品以外にも、パートナーやDrupalコミュニティとのオープンな文化と仕事の進め方を構築してきました。

また、常にパートナーとのコラボレーションと共創に努めてきました。私たちはパートナーを第一に考え、一緒に計画するすべてのプログラムやエンゲージメントにおいて、オープンで透明性があり、説明責任を果たしています。

Drupalコミュニティにとって、私たちの目標は常により多くのことを還元することです。私たちが、企業のDrupal貢献者の第一位であるのは、Drupalの規模拡大と維持に貢献する責任があると信じているからです。

次のステップ

私たちは今、会社の歴史の中で非常にエキサイティングな時期を迎えています。オープンデジタルエクスペリエンスプラットフォームに関する発表にご期待ください。「オープン」の柔軟性と自由は、これまで以上に重要なものとなっています。

元記事:Why the World Needs an Open DXP

Dries Buytaert, chairman and chief technology officer, Acquia

Dries Buytaert

会長、最高技術責任者 Acquia, Inc.

ドリース・バイタルト(Dries Buytaert)はオープンソース開発者であり、技術幹部です。彼は、ウェブサイトやデジタル体験を構築するためのオープンソースプラットフォームであるDrupalの生みの親であり、プロジェクトリーダーでもあります。また、ドリスはベンチャー企業が出資するテクノロジー企業 アクイアの共同設立者であり、最高技術責任者でもあります。アクイアは多くの大企業にオープンクラウドプラットフォームを提供しており、デジタル体験の構築、配信、最適化を支援しています。世界経済フォーラム若手グローバルリーダーに選ばれた彼は、ゲント大学でコンピュータサイエンスとエンジニアリングの博士号を、アントワープ大学でコンピュータサイエンスのライセンス(MsC)を取得しています。彼は、マサチューセッツ州テクノロジー・リーダーシップ・カウンシルの「CTO of the Year」、アーンスト・アンド・ヤングの「New England Entrepreneur of the Year」、MITテクノロジー・レビューの「Young Innovator」に選ばれています。彼は、Drupal、オープンソース、スタートアップ、ビジネス、そして未来について、dri.esで頻繁にブログを書いています。