Drupal 9 CMS migrate

Acquia CMS MigrateでDrupal 9移行を支援する

2020年6月3日、DrupalコミュニティはDrupal 9のリリースを発表できることに興奮しています。魅力的な機能が備わったDrupal 9は、多くの組織が採用を熱望しています。Drupal 8.0と比較して、特にマーケターにとっての使いやすさ、開発者にとってのメンテナンスやアップグレードのしやすさ、ヘッドレス/デカップリング機能によるイノベーションの3つの分野で多くの改善を行いました。

しかし、ウェブサイトのリプラットフォームプロジェクトは、管理が難しく、膨大な時間と費用がかかる事は皆さんもご存知でしょう。この問題を解決するために、アクイアはAcquia CMS Migrateを発表しており、非Drupal CMSからDrupal 9への移行プロセスをより簡単にしてくれます。

Acquia CMS Migrateは、マイグレーションの自動化を担うソフトウェアと、Drupalエキスパートによるコンサルタントの2つで構成されています。 ソフトウェアには、多くのCMSプラットフォームへのコネクターがあらかじめ用意されています。Adobe Experience Manager、Sitecore、Bloomreach、Documentum、Oracle Web Center、EPI、Typo 3、Sharepoint、Liferay、SDL、OpenTextなどに対応しています。これらを使用して、Drupal以外のサイトに接続し、コンテンツ、メタデータ、ファイル、設定をDrupalに自動的に移行します。 移行時には、重複コンテンツの削除、未使用コンテンツの削除、ファイル構造のクリーンアップなど、コンテンツのクリーンアップや合理化を支援します。

Acquia CMS Migrateの目標は、組織がDrupalが持つパワフルな機能を活用し、より優れたデジタル体験を構築できるよう、移行とリプラットフォームの取り組みを加速させる手助けをすることです。さらにアクイアは、Drupal 9 Deprecation Statusツールや近日提供開始予定のAcquia Migration Acceleratorなど、古いバージョンのDrupalからDrupal 9への移行プロセスを容易にするためのツールを構築しています。

アクイアは、組織が今すぐにDrupal 9サイトの構築、管理、最適化を開始できるように準備しています。Acquia Cloud、Cohesion、Remote IDEなどの既存のソリューションはDrupal 9に対応しています。

多くの企業がデジタルフォーメーション(DX)のプライオリティを上げているこの昨今にDrupal 9はリリースされました。困難な時期にDrupalコミュニティが団結し、今日のリリースを可能にした事実にはただ驚くばかりです。

Dries Buytaert, chairman and chief technology officer, Acquia

Dries Buytaert

会長、最高技術責任者 Acquia, Inc.

ドリース・バイタルト(Dries Buytaert)はオープンソース開発者であり、技術幹部です。彼は、ウェブサイトやデジタル体験を構築するためのオープンソースプラットフォームであるDrupalの生みの親であり、プロジェクトリーダーでもあります。また、ドリスはベンチャー企業が出資するテクノロジー企業 アクイアの共同設立者であり、最高技術責任者でもあります。アクイアは多くの大企業にオープンクラウドプラットフォームを提供しており、デジタル体験の構築、配信、最適化を支援しています。世界経済フォーラム若手グローバルリーダーに選ばれた彼は、ゲント大学でコンピュータサイエンスとエンジニアリングの博士号を、アントワープ大学でコンピュータサイエンスのライセンス(MsC)を取得しています。彼は、マサチューセッツ州テクノロジー・リーダーシップ・カウンシルの「CTO of the Year」、アーンスト・アンド・ヤングの「New England Entrepreneur of the Year」、MITテクノロジー・レビューの「Young Innovator」に選ばれています。彼は、Drupal、オープンソース、スタートアップ、ビジネス、そして未来について、dri.esで頻繁にブログを書いています。