Acquia.com が Lift 3 でパワーアップ

このシリーズでは以前、Acquia のシニアマーケティングコミュニケーションズスペシャリスト Gigi Anderson が、ウェブサイト再設計にあたってのコンテンツ移行についてお話ししました。Gigi のブログはここで読めますのでフォローしてください。


サイト再設計プロジェクトに着手する際、私たちが守ろうと誓ったいくつかの基本原則がありました。最も大きく、議論の余地はあるが最も重要な業務の一つは、自社製品をできるだけ多く利用することでした。弊社ツールのすべてがサイトでの実用的なアプリケーションになれるわけではありませんが、中には (Acquia Lift など) お客様にすでに提供しているのと同じくらいすばらしいデジタルエクスペリエンスを実現する助けとなったものがあります。

Lift は弊社のパーソナライゼーションツールであり、ユーザーのジャーニー全体にわたってコンテクスチュアルコンテンツを実現することを目的としています。サイトを訪問しているユーザーからデータをキャプチャし、そのデータを Profile Manager (すべてのユーザー情報と分析データを格納するデータウェアハウス) に送信します。Lift 3 はこれまでで一番堅牢でユーザーフレンドリーですが、Lift は常に最良の選択肢であったわけではありません。

Lift 2 にまつわる苦難の歴史

Acquia.com を Drupal 7 上で運用するにあたって、Lift 2 についてはいくつかの苦難がありました。キャンペーン制作プロセスは手動でワークフローはロジカルというのは、スマートでなく冴えないものでした。インターフェイスは機能的であり、パーソナライゼーションという目標を達成する助けとなりましたが、キャンペーン構築のプロセスとしては冗漫なものでした。ログインしたユーザーもパフォーマンスの悪さを感じていたため、我々はしばしば、Acquia.com でそれをオフにせざるをえませんでした。

Lift 2 は多種多様な Drupal モジュールとサブモジュールによって構築されていたため、全体が Drupal 依存であったのです。新しいキャンペーンを展開するためには、先にセグメントとパラメーターを構築する必要があり、それから作業結果を実際のサイトでプレビューしていました。何か変更があれば、キャンペーンを一時停止して、バックエンドに移動してパラメーターを更新してから再度プレビューすることを必要としました。実行可能なプロセスでしたが、理想とは程遠いものでした。

最新情報を入手する

マーケティングの未来、業界の変化、その他のソート リーダーシップについての優れたコンテンツをご覧ください。

Lift 3 に期待できること

Drupal 8 で実行される今度の新しいサイトでは Lift の機能が完全にオーバーホールされ、状況は劇的に変わりました。新しいインターフェースがもたらす違いはすばらしいものであり、まさにそれが、改善された新しい Lift の中核にあるのです。Lift 2 では新しいキャンペーンの構築および展開プロセスが実際のウェブサイトから分離されていましたが、Lift 3 ではその場でページを編集できます。キャンペーンの構築にはどこでも 30 分から 60 分かかっていたものでしたが、今や秒単位でできます。

この他のハイライトは Experience Builder という Ember アプリケーションです。サイドバーコンソールとしてサイトの上部に配置され、パーソナライゼーションセグメントおよびルールにリアルタイムで変更を加えることを可能にしています。これは、Drupal であってもなくても、どのサイトでも使用できる、ということでもあります。 

CMS のどのコンテンツも Experience Builder に構築して格納することができ、サイトのどこでも無制限に再利用できます。Experience Builder にはドラッグアンドドロップ機能があり、ルール間を簡単にトグルできるので、あるユーザーが何を表示しているかが正確に表示されます。

ルール (旧名「キャンペーン」) は Lift 3 で新たに加わったものであり、次の 3 つの異なったコンポーネントから成っています:

  1. ユーザーセグメント (指定のユーザーグループ)
  2. コンテンツの位置 (あるセグメントを表示させる場所)
  3. ページ上のスロット (コンテンツを移動させる先 (ヘッダーなど))

ルールは定義しやすく、サイトで必要ならいくつでも作成できます。サイトの訪問者が複数のセグメント (ルールで最初に定義するパラメーターです) に当てはまる場合があるため、優先ルールを設定して、訪問者が常に最も正確なコンテンツを表示できるようにします。Acquia.com では、これは特に重要です。利用可能になり次第ユーザーに水戸もらいたい新しいコンテントがあることが多いためです。

Lift 3 も極めて高速であり、パーソナライズされたコンテンツをミリ秒単位でロードするので、ユーザーはコンテンツデリバリの変更にほとんど気づきません。

Acquia の将来のパーソナライゼーション目標

新しいサイトがロールアウトされると、Lift 3 は内蔵ツールになります。多くの大きな変更がすべて一度に発生したので、増強のスピードを落とすことで、このツールが提供する必要のある多種多様な新機能すべてになじませます。

Lift を Acquia.com で使用するための計画を策定するには、いくつかの異なった方法があります。ページ要素 (いくつか例を挙げると、バナー、地理的地域によるパーソナライゼーション、ユーザー属性に基づくコンテンツ推奨) の A/B テストなどです。Lift 3 がどのような結果を出すかに胸が踊ります。調べて発見したことは必ず報告します。

Taryn Collins, Acquia Events Marketing

Taryn Collins

シニアマネージャー、イベントマーケティング担当 Acquia