Acquia & Mautic

アクイアがMauticを買収:ドリスとDBのQ&A

アクイアは本日、世界初のオープンソースマーケティングオートメーション(MA)およびキャンペーン管理プラットフォームを提供する Mautic, Inc.(マウティック)の買収を発表しました。Mauticの追加により、アクイアのオープンデジタルエクスペリエンスプラットフォームが強化され、ライフサイクル全体を自動化、パーソナライズ、測定する新たな機会を顧客に提供できるようになります。

MauticはAdobeのMarketo、またはSalesforceのMarketing Cloudと考えるとイメージしやすいでしょう。ただし、Mauticはオープンソースコード上に構築されたオープンで柔軟なプラットフォームであり、使用がはるかに簡単であるため、それらよりも断然に優れています。Mauticを使用すると、組織はウェブ、メール、SMS、プッシュ通知、ソーシャルメディア、ボイスなどの新しいチャネルなど、あらゆるデジタルチャネルでシームレスな1対1のカスタマーエクスペリエンスを形成できます。Mauticのプラットフォームは、オープンなイノベーションと数千のインテグレーションを可能にし、マーケティングチームが選択したツールを簡単に連携できるようにします。両社の創設者であるアクイアのドリス・バイタルト(Dries Buytaert)とMauticのDB・ハーレー(DB Hurley)に会い、買収について、そして現代のマーケティングチームが顧客体験を改善するためにテクノロジーをどのように使用しているかについて話しました。

 

Q: Mauticについてもう少し教えてください。

DB: Mauticは、これまでにないマーケティングオートメーションプラットフォームの一種です。マーケティング担当者に、アイテムをページ上に簡単にドラッグ&ドロップして、シンプルまたは複雑なキャンペーンを作成する方法を提供します。また、ウェブ、メール、SMS、プッシュ通知、ソーシャルメディア、ボイスなどの新しいチャンネルなど、顧客の好みのデジタルチャンネルに応じて、カスタマージャーニーをカスタマイズする方法を提供したいと考えました。これらのアイデアは単純に聞こえるかもしれませんが、それらの背後にあるオープンソースコミュニティの力で達成されました。

 

Q: Mauticの買収が重要なのはなぜですか?

ドリス: 数十年前、私は誰もがウェブサイトを必要とすると信じていました。今や、ウェブサイトはあって当たり前の存在です。そして今日、誰もがデジタルエクスペリエンスプラットフォームを必要としています。ユーザーはウェブサイトを通じてブランドとやり取りするだけではありません。MauticのマーケティングオートメーションおよびキャンペーンマネジメントテクノロジーをアクイアのDigital Experience Platformに追加することにより、マーケティング担当者が好みのチャネルで顧客に個人的で関連性のある方法でリーチできるよう支援できます。

 

Q: なぜ今、会社を売却することにしたのですか?

DB: トップラインが前年比でほぼ4倍に成長し、顧客数が3倍になり、製品の革新と顧客ROIで複数の賞を受賞したためMauticにとっては最高の年でした。私たちは自分のペースで成長を続けることができますが、私たちのオープンなソリューションは優れており、すべてのマーケターの手に属していると信じています。アクイアに参加することでその使命が加速され、両社は市場の既存企業に比べて強力な立場になります。

ドリス: 機会は大きすぎて無視できない。両社は共同で、マーケターと開発者の両方に前例のない柔軟性と自由を提供する唯一のオープンデジタルエクスペリエンスプラットフォームを形成します。

DB: 市場の機会を超えて、私たちの会社は素晴らしい文化を持っています。アクイアとMauticはどちらも、それぞれのオープンソースコミュニティをサポートし、寄付に関しても同様の価値を共有しています。アクイアは引き続きMauticに投資し、Mauticでは、引き続きプロジェクトリーダーとして、コミュニティの成長を続けます。

 

Q: DrupalとMauticのオープンソースコミュニティはどのように似ていますか?

ドリス: 私たちのコミュニティは、技術と文化の両方の観点から非常に補完的です。どちらもPHPとSymfonyで構築されており、GPLライセンスを使用しています。これらの類似点は、コラボレーションをはるかに容易にすることで、顧客、パートナー、貢献者のすべてに利益をもたらします。たとえば、Drupalの開発をすでに行っている場合、Mauticは別のスキルセットを必要としません。私は彼(DB)を長い間知っていましたが、彼が構築したコミュニティに感銘を受けました。文化的には、Drupalと同じ価値の多くを共有しています。世界中に分散している才能のある開発者グループは、お互いをサポートし、最高のコードを書くことに全力を尽くしています。

 

Q: マーケティングオートメーションの最新の傾向は何ですか?

ドリス: Forresterによると、グローバルマーケティングオートメーションの支出は2023年までに250億ドルを超える見込みです。世界のマーケティング担当者の半数以上が、来年内にマーケティングテクノロジーへの支出を増やすことを計画しています。マーケティング担当者は、デジタル体験全体でパーソナライズされたコンテンツを配信するのに役立つプラットフォームを探しています。顧客は、ブランドが個人レベルでブランドを知っていることを期待していますが、多くのマーケティング担当者は、レガシーなマーケティングクラウドでは実現が難しいと感じているはずです。そのため、Mauticが参加することに私は非常に興奮しています。アクイアのOpen Marketing Cloudにより、あらゆるデジタルチャネルでのマーケティングキャンペーンの自動化とパーソナライズがはるかに簡単になります。

 

Q: MauticはMarketoと比較してどうですか?

DB: Mauticは、シンプルで使いやすいという点で、他のレガシーなマーケティングオートメーションベンダーに勝っています。Mauticと比較して、Marketoのようなソリューションは学習曲線が急です。いくつかの例として、Mauticのビジュアルキャンペーンビルダーはクリーンで使いやすいです。対照的に、Marketoのメールおよびランディングページビルダーは厳しく制限されており、カスタマイズするにはグラフィックデザイナーとフロントエンド開発者が必要です。もう1つの利点は、Mauticのオープンアーキテクチャです。Marketoは、顧客をMarketoインスタンスごとに1つのウェブサイトドメインに制限しますが、Mauticの単一インスタンスは1つのドメイン、10、または100の上に置くことができます。

Mauticは、多くのレガシーベンダーがサポートしていないSMSやモバイルアラートなどのクロスチャネル通信もサポートしています。 Mauticは、顧客がウェブサイト、メール、SMS、モバイルアプリなどのさまざまなチャネルに出入りすることが多いため、現代のカスタマージャーニーを念頭に置いて構築されました。

 

Q: Mauticがオープンソースの場合、なぜ誰かがそれを支払うのでしょうか?

DB: Mautic Cloud Proは、完全に管理されたSaaSソリューションです。言い換えれば、顧客はサブスクリプションにサインアップし、ソフトウェアの管理と保守について心配する必要はありません。これはすべてMautic、Inc.によって処理されます。そのクラウドサービスに不可欠な、ホスティング環境をMautic専用に最適化しました。すべてのサイズのデータベースで高いパフォーマンスとスケーラビリティを確保するために数十の拡張機能を追加し、メール配信を100倍に改善しました。また、最高の配信パートナーと提携しながら、お客様に独自のプロバイダーを自由に持ち込むことができます。また、オープンソースのコアコード上にエンタープライズグレードの機能をいくつか構築し、お客様がMautic Cloud Proでの最大の課題を簡単に解決できるようにしました。たとえば、Maestroを追加してMautic Platformを拡張し、企業がMauticのマーケティングオートメーションの複数のインスタンスを管理できるようにしました。Maestroは、これらの個々のアカウント全体でキャンペーンを分析する機能を提供し、ユーザーが成功したキャンペーンをすばやく複製し、ベストプラクティスを再利用できるようにします。

詳細については、デモまたはサンドボックス環境をご覧ください。

 

Q: マーケティング技術スタックでなぜオープンソースが重要なのですか? 

ドリス: それはいくつかの事に帰着します。第一に、独占的なベンダーは、外部の技術と統合するのではなく、自社製品に焦点を合わせています。革新するための最良かつ最速の方法は、オープンソースソフトウェアをクラス最高のテクノロジーと統合することです。 Martechの世界では何千もの選択肢から選択できるため、マーケティング担当者と開発者は1つのスイートに縛られたくありません。彼らは、仕事に最適なツールを使用する自由と柔軟性を求めています。また、オープンソースソフトウェアは、イノベーションサイクルが速く、試用が簡単で、独自のソフトウェアよりも安価です。
これらのことはすべて、マーケティングのような、データが非常に多く、接続する異種システムが非常に多い分野で特に重要です。最終的に、マーケティング担当者は顧客に遅れずについていくことを望みます。それは、最新かつ最高の技術、または業界や顧客にとって最も意味のある技術を利用することを意味します。

 

Q: マーケティング担当者と開発者の関係はどのように変化していますか?

ドリス: 過去には、開発者はマーケティングに関してあまり意見を述べていませんでした。しかし今は違います。開発者は、最新のデジタルマーケティングのアーキテクトであり、デジタルエクスペリエンスプラットフォームの構築とカスタマイズを担当しています。競合他社のほとんどとは異なり、私たちは常に開発者に深い関心を寄せてきました。 それは私たちのDNAとして奥底まで染み付いています。同じことがMauticにも当てはまるため、Mauticの買収はその強みに基づいています。優秀なマーケティング担当者は、開発者がすばらしい顧客体験を構築する上での平等なパートナーであることを知っています。今後数年でますます重要になると確信しています。 

 

Q: 将来の関心事を教えてください。

DB: Mauticがオープンマーケティングの約束を果たし続けるためのより良い場所を想像することはできません。両社は、オープンデジタルエクスペリエンスプラットフォームという同じビジョンを信じています。マーケターとデベロッパーが協力して、必要なデジタルエクスペリエンスを独自の条件で構築していきます。ボイスUI、コネクテッドデバイス、機械学習などの新しいテクノロジーが登場するにつれて、当社のオープンソースアプローチはマーケティング担当者に最新の機能をより迅速に提供します。もちろん、これらはすべて、関連性のある個人的な体験を顧客に提供し、最終的にウェブをより良い場所にするために構築されています。

買収に関する詳細についてはよくある質問をご覧いただくか、AcquiaのOpen Digital Experience Platformの詳細をご覧ください。

Dries Buytaert, chairman and chief technology officer, Acquia

Dries Buytaert

会長、最高技術責任者 Acquia, Inc.

Dries Buytaert はオープンソースの開発者で、技術担当の役員でもあります。彼は Drupal のオリジナルクリエイターであり、プロジェクトリードです。Drupal は Web サイトやデジタルエクスペリエンスのオープンソースプラットフォームです。Buytaert は、ベンチャー精神があふれるテクノロジー企業である Acquia の共同創設者でもあり、最高技術責任者でもあります。Acquia は多くの大規模な組織 にオープンクラウドプラットフォームを提供し、その組織がデジタルエクスペリエンスの構築、配信、最適化を行えるように支援しています。世界経済フォーラム若手グローバルリーダーである彼は、ゲント大学でコンピューター サイエンスとエンジニアリングの博士号、アントワープ大学でコンピューターサイエンスの上級修士号を取得しています。Massachusetts Technology Leadership Council から CTO of the Year に選ばれ、Ernst & Young から New England Entrepreneur of the Year に選ばれ、MIT Technology Review から Young Innovator に選ばれています。彼は、Drupalオープンソーススタートアップビジネス将来について、dri.es のブログによく投稿しています。