woman at laptop writing

フレキシブルなコンテンツでマルチチャネルでのデジタル体験を加速

我々の生活の中で、体験を中心とした購買活動(エクスペリエンスエコノミー)がトレンドになっています。そこでは、顧客が選択したチャネルであなたのブランドを経験することで、あなたが競争し、彼らに勝つ力が生まれます。 

このようなデジタル・チャネルの爆発的な拡大の結果、マーケティング担当者やその他のコンテンツ作成者は、これまで以上に迅速にコンテンツを作成し、お客様の期待に応えるためにあらゆる場所に配信する必要があります そのコンテンツは、ウェブサイト、モバイルアプリ、メール、またはまだ考えられてもいない他のインターフェースで、それぞれのインタラクションのコンテキストにフィットしなければなりません。

しかし、担当者の多くは、いったん出版を開始して効果的なコンテンツ配信戦略を実行できなくなると、作業を中断してしまいます。つまり、ケーススタディ、ブログ、イベント発表は、実際には全てのオーディエンスに届くことはなく、影響は限定的です。組織のデジタルコンテンツは、システムサイロに閉じ込められている可能性が高く、到達しにくい場所に散在しています。企業のデジタルコンテンツは、システムのサイロに閉じ込められている可能性が非常に高く、アクセスが困難な場所に分散しています。CMSで作成されたコンテンツはCMSに格納され、あるWebサイト(組織内の他のWebサイトにアクセスしていない可能性もあります。)で使用されます。マーケティングオートメーションシステムで作成されたコンテンツについても同じことが言えます。コンテンツはメールには流れますが、価値を提供できる他のチャネルには流れません。

Acquia Content Cloudは現在プライベートベータ中で、コンテンツサイロの問題を解決します。cquia Content Cloudは、マルチチャネル、デジタルエクスペリエンスをサポートするための、単純化されたコンテンツ作成とシンジケーションのためのサービスとしてのコンテンツ(CaaS)ソリューションです。オーサリングを合理化および集中化し、マーケティング担当者がプレゼンテーションとは別の形式でコンテンツを一度作成できるようにするため、あらゆるチャネル、デバイス、コンテキストで簡単に使用できます。 

コンテンツを作成し、それを複数のDrupalのウェブサイトで共有する、デジタルサイネージやソーシャルメディアで共有するなど、Content Cloudを使えば、マーケターは一度コンテンツを作成し、そのコンテンツの全体または一部をどこにでも配信するためのチャンネルを指定することができます。一度作成すれば、どこにでも公開できるというCOPE(Create once, publish everywhere)のアイデアを実現しています。

Content Cloudで作成されたコンテンツはヘッドレス(バックエンド環境とフロントエンド環境を分離するアーキテクチャ)であるため、デジタルエクスペリエンスの構築を支援する開発者は、APIを介してコンテンツにアクセスし、徐々に分離された、またはヘッドレスなアプリケーションでコンテンツを使用することができます。チャネル、エクスペリエンスは無制限に拡張できます。 

ニュースレターを購読する

マーケティングの最新トレンド、業界の変化などを配信します。

Content Cloudがコピペの問題を解決する方法

数十年前、人々がコンピューターではなく従来の新聞から情報を受け取っていたとき、ジャーナリストは記事をテーブルに配置し、はさみと接着剤でページを組み立てることでその日の版を作成しました。驚くべきことに、デジタルコンテンツの時代はあなたが思うほどこれまで進んでいません。 

コンテンツが複数のシステムでサイロ化されている場合、マーケティングチームがウェブサイト、ソーシャルキャンペーン、キオスクアプリ、または商業アプリケーションで特定のメッセージングを使用する場合、誰かがそれを各システムにコピーして貼り付ける必要があります。この作業の重複は貴重な作業サイクルを無駄にし、ブランドの一貫性とコンテンツの正確性を脅かします。 

これは、長年にわたるMartechの成長と採用の痛ましい遺産です。多様なシステムを使用する組織は、複数のシステムに存在するコンテンツの周囲に壁を築いています。これらのコンテンツサイロにより、再利用、共有、シンジケーションが容易になりません。最終的に、コンテンツが豊富な優れたデジタル体験を提供する速度が低下し、多くの冗長な作業が発生します。

すべてのチャネルとシステムに対応するためには、より効率的で効率的なコンテンツサプライチェーンが必要です。「柔軟な」コンテンツを作成できるコンテンツオーサリングシステムを採用する必要があります。そこで登場するのがContent Cloudです。これはCMS(コンテンツ管理システム)、マーケティングオートメーションシステム、コンテンツを作成するその他のアプリケーションに代わるものではありません。Content Hubはコンテンツ作成を効率的に行えるキーコンテンツオーサリングサービスで、任意のチャンネルのコンテンツを一度に作成できます。また、コンテンツはアクセスしやすいリポジトリに保存され、あらゆるチャネルやデバイスで使用できます。 

デジタルエクスペリエンスチャンネルの急増は鈍化しておらず、組織が無数のデジタル体験で使用できる大量のコンテンツを作成する必要もありません。柔軟なコンテンツの作成とアクセスに関して言えば、エクスペリエンスエコノミーで競争に勝ち抜くために、組織がこの能力を獲得する必要があるかどうかが問題となります。

David Aponovich

David Aponovich

シニア ディレクター、プロダクト マーケティング Acquia, Inc.

David Aponovich is senior director of product marketing at Acquia, where he helps articulate the benefits of Acquia solutions including Acquia Journey, the company’s customer journey orchestration solution, and trends in digital experience.

Prior to joining Acquia, he was a senior analyst at Forrester Research, where he researched web content management and digital experience technology and consulted to Forrester’s global clients on their digital transformation initiatives. He also spent six years as web content management strategy consultant at agency Connective DX, and previously was marketing director at a WCM software vendor.