製造業にとって顧客体験の向上が最優先事項であることが明らかに

製造業者の約4分の3(73%)は、顧客関係管理(CRM)とWebサイトの開発が目標を達成するための最も重要な分野であると回答

英国時間2019年9月30日 - アクイアORM社の調査によると、製造業の約4分の3(73%)が、消費者行動の変化に対応するために顧客体験の向上に重点を向け直していることが明らかになりました

2019年に公開した「英国メーカーにとって顧客体験が最優先事項に」というタイトルの調査では、デジタルテクノロジー、特に顧客関係管理(CRM)とWebサイト開発が、戦略目標を達成するための新しい顧客中心のアプローチの中心にあることがわかりました。  また、調査対象者の65%が、組織が現在よりもデジタルプラットフォームを使用する必要があると考えていることもわかりました。

この調査では、英国の製造会社の200人のマーケティングおよびITの意思決定者を調査し、製造業者がデジタルについてどのように感じているか、およびクライアントとの関係とトランザクションを構築する際のその位置について意見を問いました。

この調査結果について、オープンデジタルエクスペリエンス企業であるアクイアのEMEAのゼネラルマネージャー兼上級副社長であるスティーブ・ウィリアムソン(Steve Williamson)は、次のように述べています。  「今日の消費者は、ブランドがシームレスでパーソナライズされたオムニチャネルエクスペリエンスを提供することを望んでいることは明らかです。しかし、あなたが聞いて驚くかもしれないのは、この新しい研究は製造業の顧客が同じように行動していることを示唆していることであり、迅速かつ適切に対応しない製造業者にとっては悪いニュースです。」

ニュースレターを購読する

マーケティングの最新トレンド、業界の変化などを配信します。

さまざまな専門知識を調査にもたらし、回答者は、顧客への新たな焦点が市場への新しいルートを切り開いていることを明らかにしました。顧客体験に個人的なアプローチを採用することにより、製造業者は個人的な反応と関係を生み出すことができ、第三者を通じてではなく顧客に直接販売することができます。これにより、販売を促進し、コストを削減できます。ビッグデータを適切に受け入れて利用することで、製品と動作を最適化でき、さらなる商業的優位性が得られます。

この研究から得られたその他の主要な調査結果には以下が含まれます。

  • 回答者の73%は、生き残るためには、製品中心のビジネスモデルから顧客中心のビジネスモデルに切り替える必要があると述べています。
  • 76%は、競争力を高めるためにオムニチャネルアプローチを採用する必要があると述べました。
  • 74%は、デジタルマーケティングによってエンドカスタマーに直接アクセスできると考えています。
  • すでに販売戦略の一環として顧客データを使用している企業は、顧客ロイヤルティに対する平均的な認識が最も高く、7.9/10を記録しました。

この調査結果は、メーカーに戦略的地位を変えるという課題を残しています。これを行うには、消費者ブランドが同じように努力するように、オムニチャネル体験を提供し、すべての購入方法をリンクする必要があります。

ORM社のシニアストラテジストであるリジー・ローソン(Lizzie Lawson)氏は次のように述べています。「戦略的変化は、特に行動のパターンが十分に確立されている部門では常に課題です。しかし、当社の新しい調査によると、製造会社またはすべての種類と年齢の場合、順応することは難しい状況であることが分かりました。 メーカーの取締役会と上級管理職が先導し、あらゆる接点で顧客のニーズと希望を満たす顧客関係へのデジタルアプローチを戦略化する必要があります。デジタルの世界で競争力を維持する唯一の方法です。」

製造業におけるこの重要な変化の詳細と、それに取り組む方法のヒントについては、「英国メーカーにとって顧客体験が最優先事項に」からご覧いただけます。

###

Acquia(アクイア)社について

Acquia(アクイア)は、オープンソーステクノロジーによるデジタル体験を提供する企業です。アクイアは、世界有数の大胆なブランドに、革新を取り入れ、重要なカスタマーモーメントを創造できるテクノロジーを提供します。Webから店舗まですべての顧客接点をヘッドレスに、オープンソースによる柔軟な拡張性と、世界最高峰のセキュリティをアクイアプラットフォームは提供します。アクイアで企業が思い描く未来を自由に創造しましょう。

ORM社について

ORMは、組織がデジタルの自由を達成するために複雑さを加速することを支援します。ORMは、複数のセクターにわたる主要ブランドのデジタルパートナーです。お客様のセクターを真に理解し、急速に変化するデジタル環境でクライアントが成長、スケーリング、変更できるようにお客様と協力して専門知識を構築しました。

全てのロゴ、会社名、製品名は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。